水曜日, 12月 13, 2017

The Hammer and the Feather 1971

https://i.imgur.com/txweovp.gif
1971年、重力が地球の1/6の月面でハンマーと羽毛を同時に落下させる有名な実験。
動画音声ではガリレオについての解説がある。

I was watching Apollo 15 Astronauts Dave Scott and Jim Irwin busily loading the lunar module with exposed film and dusty moonrocks. As if cued by an invisible director, Dave turned and moved toward the television camera.

 "Well, in my left hand I have a feather; in my right hand a hammer. I guess one of the reasons we got here today was because of the gentleman named Galileo. A long time ago, he made a rather significant discovery about falling objects in gravity fields; and we thought - where would be a better place to confirm his findings than on the Moon? And, so, we thought we'd try it here for you. The feather is, appropriately, from an Air Force Academy falcon. I'll drop the hammer and the feather and, hopefully, they'll hit the ground at the same time."

Well, Dave let them go and, since there is no atmosphere on the Moon, they fell side by side. They did fall more slowly than on Earth because the gravity is one-sixth that of Earth's.

Dave continued, "How about that. This proves that Mr. Galileo was correct in his findings."




 At the end of the final moonwalk of the Apollo 15 mission in July 1971, Commander David Scott stood in front of the remote- controlled television camera to perform a live demonstration for viewers back on Earth. ... 

“In my left hand, I have a feather,” 
 “in my right hand, a hammer. I guess one of the reasons we got here today was because of a gentleman named Galileo a long time ago, who made a rather significant discovery about falling objects in gravity fields. ……The feather happens to be, appropriately, a falcon’s feather, for our Falcon, and I’ll drop the two of them here and hopefully they’ll hit the ground at the same time.”
“How about that?” 
 “Mr Galileo was correct in his findings!”


Audio: [Scott] "And I'll drop the two of them here and hopefully they'll hit the ground at the same time" [He drops them] "How about that?" "Looks like mister Galileo was correct in his findings."

The Hammer and the Feather - YouTube

https://youtube.com/watch?v=4mTsrRZEMwA




Apollo 15 Hammer-Feather Drop - the NSSDCA! - NASA

nssdc.gsfc.nasa.gov/.../lunar/apollo_15_feather_drop.ht...

At the end of the last Apollo 15 moon walk, Commander David Scott (pictured above) performed a live demonstration for the television cameras. He held out a geologic hammer and a feather and dropped them at the same time. Because they were essentially in a vacuum, there was no air resistance and the feather fell at the same rate as the hammer, as Galileo had concluded hundreds of years before - all objects released together fall at the same rate regardless of ...

APOD: 2011 November 1 - Hammer Versus Feather on the Moon

apod.nasa.gov/apod/ap111101.html

A good place free of air resistance to test this equivalence principle is Earth's Moon, and so in 1971, Apollo 15 astronaut David Scott dropped both a hammer and a feather together toward the surface of the Moon. Sure enough, just as scientists including Galileo and Einstein would have predicted, they reached the lunar surface at the same time. The demonstrated equivalence principle states that the acceleration an object feels due to gravity does not depend on its ...


David Scott ,Galileo

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2819205/Testing-gravity-world-s-BIGGEST-vacuum-chamber-Watch-Brian-Cox-prove-bowling-ball-feathers-fall-together.html

https://books.google.co.jp/books?isbn...
Below Astronomer with astrolabe. At the end of the final moonwalk of the Apollo 15 mission in July 1971, Commander David Scott stood in front of the remote- controlled television camera to perform a live demonstration for viewers back on Earth. ... hand and a feather in the other. He released them at the same time, and, being in a vacuum with no air resistance, the feather and the hammer struck the lunar soil at exactly the same speed. "How about that," said Scott, "Galileo was correct.

One of the reasons we got here today was becouse of a gentleman named Galileo.
 "How about that," said Scott, "Galileo was correct.



http://www.americaspace.com/2012/07/29/mr-galileo-was-correct-the-legacy-of-apollo-15/

Back at the lander, with the minutes of the final Moonwalk rapidly winding down, Scott had one last opportunity to give a scientific demonstration to an audience of millions back home. It came from a suggestion by Joe Allen, who was inspired by the experimental work of Galileo Galilei. More than three centuries earlier, Galileo had stood atop the Leaning Tower of Pisa and dropped two weights of different sizes, proving that gravity acted equally on them, regardless of mass. Now, in front of his own Leaning Tower – the slightly-tilted Falcon – Scott performed his own version of the experiment.

“In my left hand, I have a feather,” he told his audience, “in my right hand, a hammer. I guess one of the reasons we got here today was because of a gentleman named Galileo a long time ago, who made a rather significant discovery about falling objects in gravity fields. The feather happens to be, appropriately, a falcon’s feather, for our Falcon, and I’ll drop the two of them here and hopefully they’ll hit the ground at the same time.”

They did…and applause echoed throughout Mission Control.

Standing in front of the lunar module Falcon, Dave Scott prepares to drop a feather and hammer in demonstration of Galileo Galilei’s famous experiment of falling objects in gravitational fields. Photo Credit: NASA

“How about that?” Scott concluded triumphantly. “Mr Galileo was correct in his findings!” He originally planned to try it first, to check that it would work, but was worried that it might get stuck to his glove. He decided to ‘wing it’ and, thankfully, it worked. In his autobiography, Irwin would relate that Scott had actually carried two feathers on Apollo 15, one from the falcon mascot at the Air Force Academy. Unfortunately – and much to Scott’s irritation – Irwin accidentally stepped on it! They searched for the feather, but could only find his big bootprints. “I’m wondering,” wrote Irwin, “if hundreds of years from now somebody will find a falcon’s feather under a layer of dust on the surface of the Moon and speculate on what strange creature blew it there.”

火曜日, 12月 12, 2017

坂口安吾 将棋の鬼 勝負師

坂口安吾 将棋の鬼 勝負師

http://nam-students.blogspot.jp/2017/12/blog-post_12.html
20171205
【将棋】羽生善治永世七冠達成!震える指し手から終局の瞬間まで【竜王戦第5局、渡辺明】
https://youtu.be/8VK0YwuS4u8?t=10m30s

坂口安吾 将棋の鬼

http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42828_26846.html

将棋の鬼

坂口安吾




 将棋界の通説に、升田は手のないところに手をつくる、という。理窟から考えても、こんなバカな言い方が成り立つ筈のものではない。
 手がないところには、手がないにきまっている。手があるから、見つけるのである。つまり、ほかの連中は手がないと思っている。升田は、見つける。つまり、升田は強いのである。
 だから、升田が手がないと思っているところに手を見つける者が現れゝば、その人は升田に勝つ、というだけのことだろう。
 将棋指しは、勝負は気合いだ、という。これもウソだ。勝負は気合いではない。勝負はたゞ確実でなければならぬ。
 確実ということは、石橋を叩いて渡る、ということではない。勝つ、という理にかなっている、ということである。だから、確実であれば、勝つ速力も最短距離、最も早いということでもある。
 升田はそういう勝負の本質をハッキリ知りぬいた男で、いわば、升田将棋というものは、勝負の本質を骨子にしている将棋だ。だから理づめの将棋である。
 升田を力将棋という人は、まだ勝負の本質を会得せず、理と云い、力というものゝ何たるかを知らざるものだ。
 升田は相当以上のハッタリ屋だ。それを見て、升田の将棋もハッタリだと思うのが、間違いの元である。

以下でも升田を論じている。

坂口流の将棋観

坂口安吾




 私は将棋は知らない。けれども棋書や解説書や棋士の言葉などから私流に判断して、日本には将棋はあったが、まだ本当の将棋の勝負がなかったのじゃないかと思う。
 勝負の鬼と云われた木村前名人でも、実際はまだ将棋であって、勝負じゃない。そして、はじめて本当の勝負というものをやりだしたのが升田八段と私は思う。升田八段は型だの定跡を放念して、常にたゞ、相手が一手さす、その一手だけが相手で、その一手に対して自分が一手勝ちすればよい、それが彼の将棋の原則なのだろうと私は思う。
 将棋の勝負が、いつによらず、相手のさした一手だけが当面の相手にきまっているようであるが、却々なかなかそういうものじゃなくて、両々お互に旧来の型とか将棋というものに馴れ合ってさしているもので、その魂、根性の全部をあげてたゞ当面の一手を相手に、それに一手勝ちすればよい、そういう勝負の根本の原則がハッキリ確立されてはおらなかった。これをはじめて升田八段がやったのだろうと私は思う。
 私の文学なども同じことで、谷崎潤一郎とか志賀直哉とか、文章はあったけれども、それはたゞ文章にすぎない。私のは、文章ではない。何を書くか、書き表わす「モノ」があるだけで、文章など在りはせぬ。私の「堕落論」というものも、要するにそれだけの原則をのべたにすぎないもので、物事すべて、実質が大切で、形式にとらわれてはならぬ。実質がおのずから形式を決定してくるもの、何事によらず、実質が心棒、根幹というものである。
 これは、悲しいほど、当りまえなことだ。三、四十年もたってみなさい。坂口安吾の「堕落論」なんて、なんのこったこんな当り前のこと言ってやがるにすぎないのか、こんなことは当然にきまってるじゃないか、バカ/\しい、そう言うにきまっている。そのあまりにも当然なことが、今までの日本に欠けていたのである。
 升田八段の将棋における新風がやっぱり原則は私と同じもので、たゞあまりにも当然な、勝負本来の原則にすぎないのである。然し、日本の各方面に於て、この敗戦によって、日本本来の欠点を知って、事物の当然な原則へ立直ったもの、つまり、ともかく、当然に新しい出発というものをはじめているのは、文学における私と、将棋における升田と、この二人しかおらぬ。
 政治界などは全然ダメだ、社会党、共産党といってもその政策の新味に拘らず、政治としては旧態依然たるもの、つまり政治というものは、政策の実施にあり、その政策を実施して失敗したらその欠点を直して、よりよい政策を自ら編みだして進歩して行かねばならぬ、要するに、それだけの原則にすぎないものである。ところが、彼等は昔ながらの、いわゆる政治をやっておるにすぎず政治家の手腕だなどとツマラヌことを今もって考えている。まことに救われがたい人種である。

          ★

 しからば升田は強いか。強いけれども、たいして強いわけはない、升田や私は当然すぎる出発者というだけのことで、本当の文学とか将棋というものは、こゝから始まるだけのこと、捨て石、踏み台にすぎない。
 谷崎、志賀の文章は、空虚な名文というものにすぎず、たゞ書き表わす対象にだけ主体のある私の文章にくらべて、ニセモノにすぎないものだ。けれども彼らは素質ある人々で、あの時代に生れたからあゝなっただけのこと、今の時代に青年であったら、私と同じ出発をはじめ、私などのおよびがたい新作品を書いているかも知れぬ。
 木村対升田の場合も同じこと、木村はあの時代に育って、あゝなった。今、三十の新進であったらたぶん、升田と同じ原則から新風を起したに相違ない人物であるけれども、いったん出来た型は却々破られぬ。ことに木村の場合の如くに、名人を十年もやっては、もう一つの完成に達して、この型をハミ出したり、くずしたり、新出発することはむつかしい。
 けれども、谷崎や志賀に、そのような新出発が先ずほとんど有り得ないのにくらべて、将棋の場合は、相対ずくの勝負であるから、相手次第で、新展開が行われないとは限らない。その可能性は有りうるものだ。年齢もまだ若い。科学には勝負はないが、将棋は勝負だから、その闘魂からくる新生、新出発、そういう展開はありうる筈だ。
 然し私は、木村にこの新生が行われぬ限り、目下のまゝでは升田に分のよいのが自然だと思う。なぜなら升田は、木村という型のもつ欠点を踏み台にして、そこの省察から新しく現れた美事な進歩だからで、問題は天分にあるのじゃなくて、心構えの新しさ正しさにあるのである。
 木村ほどの大豪のものが、自らの型を破って、勝負の当然な原則を自得するに至ったら、又、ひとまわり鋭くなるにきまっている。そして、その新生は不可能ではない。以上、坂口流の文学の原則から見た将棋観である。
(木村・升田戦の日の未明)




坂口安吾全集 【ちくま文庫版】 全巻構成

http://u2kobo.in.coocan.jp/ango_works02.htm
17巻
◇囲碁修業 ◇相撲の放送 ◇島原一揆異聞 ◇講談先生 ◇坂口流の将棋観 ◇男女の交際について ◇観戦記 ◇将棋の鬼 ◇集団見合 ◇◆本因坊・呉清源十番碁観戦記 ◇呉清源論 ◇私の碁 ◇文人囲碁会 ◇碁にも名人戦つくれ
〈安吾巷談〉 ◇麻薬・自殺・宗教 ◇天光光女史の場合 ◇野坂中尉と中西伍長 ◇今日われ競輪す ◇湯の町エレジー ◇東京ジャングル探検 ◇熱海復興 ◇ストリップ罵倒 ◇田園ハレム ◇世界新記録病 ◇教祖展覧会 ◇巷談師退場
〈安吾史譚〉 ◇天草四郎 ◇道鏡童子 ◇柿本人麿 ◇直江山城守 ◇勝夢酔 ◇小西行長 ◇源頼朝
◇チャタレイ傍聴記 ◇見事な整理 ◇親が捨てられる世相 ◇世紀の死闘 ◇安吾武者修行 馬庭念流訪問記 ◆安吾下田外史
解説:島田雅彦・衛生学としての“安吾文学”/解題:関井光男

『勝負師』の題材
1949年名人戦第5局
気になる棋譜を見よう!その188(木村前名人 対 塚田名人)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25034202?cp_webto=share_iosapp

メンメン第5譜1949年名人戦 木村義雄×塚田正夫

ニコニコの方が見やすい

木村 、四十九分考えて 、四五金 。ノ ータイムで 、同桂 、四四歩 。ここのあたりは控室の合計五十四段が先刻予想していた通りである 。木村 、二十二分考えて 、六三金 。以下ノ ータイムで 、四五歩 。六四金 。同銀 。ここのところも 、控室の予想の通り 。

木村が猛烈な力をこめてパチリと駒を叩きつけたのは 、ちようど一時半だった 。三七角 (二十四分 )これも控室の五十四段が見ていた手である 。この次の手が 、運命の一手であった。


五九角 (一分 )五四銀 (七分 )七四角ナル 。六二飛 。三七飛 。控室の一同が 、その指手を各自の手帖に書き終ったばかりの時である 。人が一人走ってきた 。 「勝負終り 。木村が勝ちました 」アッというヒマもない 。一同がひとかたまりに道場へ走りこんだ 。二年前に勝った時もそうであったが 、負けた塚田も 、表情には何の変化もなかった 。いつも同じショボショボした眼である 。あとの指手は 、六三銀 。八三馬 (一分 )八二歩 。三八馬 。四二飛 。三六歩 (一分 )同金 。三七歩 。同銀 (一分 )同角 。四六歩 。二四歩 (二分 )まで 。時に 、四時二分 。


菊池寛 将棋

  目次

将棋の話大正九年八月
碁より将棋の方が好きだ大正十年九月
将棋と機心大正十二年二月
勝負事と心境大正十三年六月
大正棋戦一瞥記大正十五年十月五日
将棋と麻雀昭和二年一月九日
東西八段争覇戦を観る昭和二年一月十九日、二十日
木村木見対局観戦総評昭和二年二月三日
二月雑記 将棋隆盛昭和二年二月二十三日、二十四日
将棋讃昭和二年五月
秋宵雑記 露店の詰将棋 将棋会館昭和三年十月十八日、十九日、二十一日
将棋と人生昭和四年一月
将棋のこと昭和四年六月
自分と各種ゲーム 将棋昭和五年五月
菊池寛氏縦横談 将棋で人物をねる昭和六年一月
将棋の話昭和九年一月十五日
駒に教へられる成功の道昭和九年七月
将棋昭和十年七月
指し過ぎ無理筋昭和十一年一月
将棋界の分裂昭和十一年三月
(将棋界合同)昭和十一年八月
坂田氏の棋力昭和十二年三月
倉島君の出征昭和十三年七月
坂田三吉氏のこと昭和十三年七月
(坂田三吉名人戦参加)昭和十三年七月
(坂田三吉名人戦経過)昭和十三年八月
(将棋大成会の企)昭和十四年四月
坂田三吉氏昭和十四年八月
将棋名人戦昭和十四年十月
坂田三吉昭和十五年二月
(坂田三吉隠退)
昭和十五年十月



http://www.aozora.gr.jp/cards/000083/files/1344_22315.html

将棋

菊池寛




 将棋はとにかく愉快である。盤面の上で、この人生とは違つた別な生活と事業がやれるからである。一手一手が新しい創造である。冒険をやつて見ようか、堅実にやつて見ようかと、いろ/\自分の思ひ通りやつて見られる。しかも、その結果が直ちに盤面に現はれる。その上、遊戯とは思はれぬ位、ムキになれる。昔、インドに好戦の国があつて、戦争ばかりしたがるので、侍臣が困つて、王の気持を転換させるために発明したのが、将棋だと云ふが、そんなウソの話が起る位、将棋は面白い。金の無い人が、その余生の道楽として、充分楽しめるほど面白いものだと思ふ。
 将棋の上達方法は、誰人だれも聴きたいところであらうと思ふが、結局盤数ばんかずを指すのが一番だと思ふ。ことに、自分より二枚位強い人に、二枚から指し、飛香ひきやう、飛、角、香と上つて行くのが、一番たしかな上達方法だと思ふ。


長生きするおたく 「雁木」はいつから「雁木」か

http://tochigiyama.blog.fc2.com/blog-entry-41.html
「将棋世界」11月号の鈴木宏彦「雁木、その不思議な呼び名の由来」は、昭和11年の花田―木村戦の観戦記(菊池寛)、昭和15年の金子―木村戦の観戦記(菅谷北斗星)には、雁木の駒組みの局面になっても雁木という言葉が出てこないと記している。

多分全集未収録

中央公論社版は、「全集」とはいうものの代表作を収めた選集として刊行されたもので、刊行が平凡社版より後だが、収録作品数は多くない。判型が菊判で平凡社版の四六判より大きい。しかし、活字が大きいので読みやすい組体裁になっている。造本や用紙も中央公論社版のほうが平凡社版より良好だ。その点で、平凡社版は、読みづらさを感じさせないこともない。

以前、30万円前後もしていた高松市・武蔵野書房版の全集も10万円台まで値崩れしてきたが、補巻のうち2以降の4冊の発行部数が400部と少ないので、さらに下がる可能性は低いのではないか。

菊池寛、井伏鱒二が主宰した昭和時代の「文壇将棋」と将棋を愛好した作家たち

大正時代に「文藝春秋」社を創業した作家の菊池寛は、熱心な将棋愛好家でした。孤独な日々を送っていた大学時代に寂しさを紛らわしてくれたのが将棋で、それ以来、将棋にすっかり引かれました。作家として自立して文壇の大御所になってからも、将棋熱はますます高まっていきました。社長室には立派な盤がでんと置かれ、将棋好きの来客があると、どんなに多忙でもまず1局と指しました。菊池は社員にも将棋を奨励し、勤務時間内での将棋を許可したそうです。菊池の影響を受けて、周囲の作家や編集者はこぞって将棋を指し、将棋を知らない編集者は菊池から原稿をもらえないこともありました。そんな菊池が好んだ言葉は「人生は一番勝負なり、指し直し能わず」でした。

昭和時代初期のある週刊誌には「文壇将棋天狗番付」というコラムがあり、10人ほどの作家たちが似顔絵で登場しました。菊池寛と幸田露伴が将棋を指し、久米正雄、山本有三、佐佐木茂索、広津和郎らが盤側で観戦する絵柄でした。前列の対局者、中列・後列の観戦者と、各人の座る位置で作家たちの棋力を格付けしたようです。当時の文壇では菊池と露伴がとくに強く、露伴は時の名人の関根金次郎(十三世名人)から四段の免状を贈呈されました。

菊池寛を中心とした将棋会とは別に、主に東京の中央線沿線に住んでいた作家たちが集まったのが「阿佐ヶ谷将棋会」でした。主宰者は井伏鱒二で、尾崎一雄、滝井孝作、三好達治、中野好夫、亀井勝一郎、火野葦平、太宰治、宇野千代らが参加しました。井伏の棋力は5、6級程度でしたが、指し始めると徹夜で20局も指すほど将棋が大好きでした。なお、太宰の将棋は攻め一本槍だったそうです。

昭和30年代のころには、文藝春秋社の主催で「文壇王将戦」が定期的に開かれました。前記の井伏鱒二、尾崎一雄、滝井孝作らのほかに、永井龍男、有馬頼義、梅崎春生、豊田三郎、五味康祐、柴田錬三郎らが参加しました。

このように昭和初期から中期にかけて、多くの作家たちが将棋を愛好して「文壇将棋」が形成されました。また、作家が名人戦などの観戦記を担当することがよくあり、大岡昇平、坂口安吾、藤沢桓夫、小島政二郎、井伏鱒二、永井龍男、五味康祐らが書きました。

中でも坂口安吾の観戦記がとても面白いです。安吾は終局まで盤側にずっと座り込んで対局者の一挙一動を克明に取材したので、戦いの臨場感がよく表れていました。五味康祐は「自分の剣豪小説みたいに、盤上に血の雨を降らせる」という意気込みで臨みましたが、担当した名人戦の将棋が一方的な内容だったので、思うように書けなかったようです。

ミステリー小説と将棋は、犯人探し・犯行の手口などの謎解きをする過程が、玉を詰め上げることに似ていて共通点があります。そのためかミステリー作家にも将棋愛好家が多く、江戸川乱歩、横溝正史、松本清張らの大御所も将棋を指しました。

菊池寛は1935年(昭和10年)に「新進作家を世に送り出したい」という趣旨で芥川賞と直木賞を創設しました。それ以来、今年の第144回まで綿々と続いています。両賞の受賞者の中には将棋愛好家が数多くいます。次回は、その作家たちを紹介します。

| 

しつこいようですが、



坂口安吾 勝負師

http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/43166_23712.html

とてつもなく面白い
文体が気になる人は縦書きで読んでほしい(文庫版全集#7)
坂口安吾が『勝負師』後半で題材にした対局は以下、

第5譜1949年名人戦 木村義雄×塚田正夫


ニコニコでは、
気になる棋譜を見よう!その188(木村前名人 対 塚田名人)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25034202?cp_webto=share_iosapp
(ニコニコの方が見やすい)

羽生以前にここまで的確に升田幸三を理解していたのは坂口安吾だけだ
ただし題名の勝負師とは大山康晴のこと


《 三二金[#6]、七七角、三四歩、七(8)八銀、七七角成、仝銀、二二銀、四八銀、三三銀、七八金、六二銀、六八王、六四歩、四六歩、七四歩、四七銀、
 ここまではノータイム。塚田はじめて、三分考へた。袴の中へ両手をつッこんでキチンと上体を直立させてゐる。はじめから終盤のやうに神経質である。徹夜で指しきる将棋は夜が更けて終盤近くなると、対局者は充血してマッカになり、コメカミに静脈が曲りくねつて盛りあがるものだ。木村も塚田もさうである。木村が名人位を失つた二年前の対局では、その盛りあがつて曲りくねつた二人の静脈が、今も私の目にしみてゐるのである。ところが、この対局の塚田は、盤に坐つたはじめから、すでに終盤のやうに神経質で、充血し、コメカミに静脈がもりあがつてゐたのだ。彼の心はコチコチかたまつて、なんの余裕もないやうに見えた。
 六三銀(三分)、三六歩、四二王、一六歩[#25]。
木村 、四十九分考えて 、四五金 [#58]。ノ ータイムで 、同桂 、四四歩[#60] 。ここのあたりは控室の合計五十四段が先刻予想していた通りである 。木村 、二十二分考えて 、六三金 。以下ノ ータイムで 、四五歩 。六四金 。同銀 。ここのところも 、控室の予想の通り 。
木村が猛烈な力をこめてパチリと駒を叩きつけたのは 、ちようど一時半だった 。三七角 (二十四分 )[#65]これも控室の五十四段が見ていた手である 。この次の手が 、運命の一手であった。
 二時十分であつた。運命の手の報らせが来たのは。
 塚田、五二桂(三十九分) [#66]*
 棋士たちが、アッといふ声をあげた。
「エ? ナニ、ナニ?」
 大声をあげて、人をかきわけたのは升田であつた。
「五二桂? ホウ。そんな手があつたか」
 誰一人、予想しない手であつた。升田の目が、かゞやいた。妙手か悪手かわからないが、人々の意表をついたこの一手に、彼は先づ感嘆を現した。
 意表をつかれた棋士一同は、にわかに熱心に駒をうごかしはじめた。
「無筋の手や」と、升田。
「無筋ですな」と、金子。
 どういふ意味だか、私には分らない。私は金子八段にきいた。
「無筋の手ッて、どういふことですか」
「つまりですな。相手の読む筈がない手です。手を読むといふのは、要するに、筋を読んでゐるんです。こんな手は、決して相手が読む筈のない手なんですよ」
「時間ぎれを狙うてるんや」
 と、升田がズバリと云つた。その時、木村の時間は、あますところ四十四分であつた。木村の読む筈のない手を指した。木村あますところ四十四分といふ時間を相手にしての塚田の賭博なのである。全然読まない手であるから、木村は面食ふ。そして改めて考へはじめなければならない。今まで木村が考へてゐた色々の場合が、みんな当てが外れたわけで、何百何十分かがムダに費されたわけである。そして、あますところ四十四分で、このむつかしい局面を改めて考へ直さなければならないのである。あます時間が少いので、木村はその負担だけでも混乱する。そして思考がまとまらぬ。時間は容赦なく過る。木村はあせる。塚田は、そこを狙つたのだ。


五九角 (一分 )五四銀 (七分 )七四角ナル [#79]。六二飛 。三七飛 。控室の一同が 、その指手を各自の手帖に書き終ったばかりの時である 。人が一人走ってきた 。 「勝負終り 。木村が勝ちました 」アッというヒマもない 。一同がひとかたまりに道場へ走りこんだ 。二年前に勝った時もそうであったが 、負けた塚田も 、表情には何の変化もなかった 。いつも同じショボショボした眼である 。あとの指手は 、六三銀 。八三馬 (一分 )八二歩 。三八馬 。四二飛 。三六歩 (一分 )同金 。三七歩 。同銀 (一分 )同角 。四六歩 。二四歩 (二分 )[#93]まで 。時に 、四時二分 。
…》

後手52桂は敗着。というより次の先手48金が凄い。以下のソフト評価と一致。






#7

AlphaGo Teach -AlphaGo学習ツールで新たな囲碁の楽しみを


1名無し名人2017/12/12(火) 14:33:15.29ID:veZUPE94
AlphaGo Teach 
-AlphaGo学習ツールで新たな囲碁の楽しみを 
https://alphagoteach.deepmind.com/ja 

[このツールの使い方] 
碁盤上の〇をクリックして、或いは碁盤下のボタンで、 
様々な打ち方とAlphaGo による黒番側の勝率予測を見てみましょう。 

候補手内に表示された数値は、その手のAlphaGo による黒番側の勝率です。 
黒番の時、スコアが 100 に近いほど黒に有利。 
白番の時、0に近いほど白に有利。50で互角という事になります。 

2名無し名人2017/12/12(火) 14:34:07.58ID:veZUPE94
[AlphaGo による勝率予測について] 
AlphaGo は、必ずしも勝率予測値の高い手を選ぶとは限りません。 
これは、AlphaGoの探索にはランダム性があり、 
それぞれ全て打つ手の勝率が単独に1000万回の模擬探索によって得ているからです。 
そのためAlphaGo は違う探索で、その時に勝率が近い違う打ち方を選ぶ可能性もあります。 
より詳細な AlphaGo の仕組みについては、Nature の論文をご参照下さい。 

3名無し名人2017/12/12(火) 14:35:08.29ID:veZUPE94
とりあえずテンプレはここまで 

4名無し名人2017/12/12(火) 14:44:35.50ID:veZUPE94>>5
最初の盤面は黒の初手についてのようで黒の勝率は 
星 47.1 
小目46.7 
三々46.4 
高目45.8 
目外し45.4 
天元41.5 

5名無し名人2017/12/12(火) 14:49:53.78ID:veZUPE94
>>4 続き 
中国ルールの7目半コミだろうけれど 
開始時の黒の勝率は約47% 
初手小目は初手星より0.4悪い という学び方でいいのかな 
0.4は人間ではほとんど気にならないけれど 
高目や目外しまでいくと棋士レベルでは少し不利なので打たないということだろうか 

6名無し名人2017/12/12(火) 15:12:47.66ID:veZUPE94
テンプレ 碁盤 

XX手まで 
____A_B_C_D_.E_.F_G_H_.I._J._K._L_M_N._O_P_Q_R_S 
01┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓ 
02┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
03┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
04┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ 
05┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
06┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
07┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
08┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
09┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
10┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ 
11┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
12┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
13┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
14┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
15┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
16┠┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┨ 
17┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
18┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ 
19┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛ 

アゲハマ ●★先番(名前)=0 ○☆白番(名前)=0 

7名無し名人2017/12/12(火) 18:07:13.46ID:Po7iE6+a
これすごくおもしろい

日曜日, 12月 10, 2017

正義の女神 テミス

以下転載:

http://yojiseki.exblog.jp/11924399/

正義の女神 テミス

日本では勝利の女神は一般的だが、、、
a0024841_2314618.jpg

ダブリンにある正義の女神テミス像 Lady Justice at Dublin Castle.

テミス(Θέμις、Themis)は、ギリシア神話の法・掟の女神である。ヘーシオドスによれば、ウーラノス(天)とガイア(大地)の娘で、ティーターンの一人である。テミスとは古代ギリシア語で「不変なる掟」の意味であり、この名の擬人神である。 
(以上wikiより)


ギリシア時代には剣と目隠しはなく、特に目隠しするのは16世紀以降のようである(タロットの図像も起源は中世以降で比較的新しいそうだ)。
剣がいつ頃から追加されたのか興味があるところだ(考えてみれば右手に剣を持って正確に測量できるわけがない??)。
a0024841_13585119.jpg


a0024841_1414991.jpg

映画ワンダーウーマンより

木曜日, 12月 07, 2017

ヒュームとアインシュタイン

http://blogs.yahoo.co.jp/azurite_2727/27883344.html 
 アインシュタインは回顧録の中でヒュームについて触れている。それによれば、特殊相対性 
理論誕生の直前、かれは、「ヒュームの『人性論』を熱心にまた、畏敬の念を持って読み」、 
「核心部分の推論は、ヒュームの理論によって促進された」という。 
 19世紀末、アインシュタインや他の物理学者を悩ませていた問題があった。 
それは、光の速度と同時性に関するものである。 
 窓を閉めて一定の速度で走る列車を考えてみる。この列車の中で、野球の二人の投手二人が 
列車の両端から中央にある的に向かってまったく同じように、かつ同時にボールを投げるとする。
このとき、どちらのボールが先に的に当たるだろうか。答えは同時である。 
 しかも列車の中の観察者にとってボールの速度は同じに見える。 
 線路の脇でこれを観察する人を考えてみよう。進行方向に向かって投げたボールは目にも止ま 
らぬ速度で進むのに対し、逆方向に投げたボールはのろのろと動くように見える。ボールの速度 
は観察者によって異なって見えるのである。 
 次にボールを光に置き換えてみる… 

 ヒュームならこのことを矛盾と考えなかったであろう。立場が異なれば、観察観察事実も異 
なり得る。 
観察は光が目に飛び込んできたときに生じるからである。 
アインシュタインは、観察事実の相対性をヒュームから学び、車内の人間が、「二つの光が同時 
に放たれ、同時に的に当たる」ことを観察するとき、車外の人間は、「進行方向への光が先に放 
たれ、同時に的に当たる」ことを観察すると考えることで矛盾を解決した。 
人間の科学が物質の科学にフィードバックされた瞬間であった。 

備考:アインシュタインの特殊相対性理論は、一般に 
  E=mC(の2乗) 
という、人類が発見したもっとも美しい公式という数式でも表されます。 
なおこの公式は、いわゆる原子爆弾の実現可能性も含んでいます。 
また、相対論的思考は、量子力学においても、電子の観察可能性についても類似の議論が行 
われることとなります。

四間飛車上達法 サンプル
























 





























火曜日, 12月 05, 2017

羽生永世七冠



googleが最強の将棋ソフトAlphaZeroを開発!!わずか12時間の学習で既存の最強ソフトを上回る - みくにまるのブログ

20171206

http://www.mikunimaru.com/entry/2017/12/06/142754


20171205
【将棋】羽生善治永世七冠達成!震える指し手から終局の瞬間まで【竜王戦第5局、渡辺明】
https://youtu.be/8VK0YwuS4u8?t=10m30s
84香

投了
https://youtu.be/8VK0YwuS4u8?t=16m50s 

https://youtu.be/X6D2MStwbxA
羽生善治竜王 「永世七冠」獲得記者会見

全27分
弾幕付きバージョン 

全87手
https://i.imgur.com/8kyAomb.gif

おまけ
香川さん
https://i.imgur.com/JCRFzMM.gif
山口さん
https://i.imgur.com/bWbnb9T.gif 


第30期竜王戦 羽生永世七冠が、今回一番印象に残った一手とは!?
https://youtu.be/qMlqguPrCnE

https://youtu.be/59nyGKWu2uA?t=5m
66飛車

藤井九段終盤解説
https://youtu.be/59nyGKWu2uA
https://youtu.be/oJF3IJdsf_A
https://youtu.be/Y0b_loUpAro 
さらに第4局続き
https://youtu.be/VdqhW2rvhUc
https://youtu.be/-xY85rO7DZE
終局まで 


解説の藤井九段はベラルーシで人気 世界!ニッポン行きたい人応援団SP 2017年11月20日 https://youtu.be/wkOm0yJIwvY?t=6m50shttps://youtu.be/wkOm0yJIwvY?t=9m20s



【将棋】竜王戦第四局二日目 終局後 2日目の振り返り木村解説


4#70~


坂口安吾 将棋の鬼

http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42828_26846.html

将棋の鬼

坂口安吾




 将棋界の通説に、升田は手のないところに手をつくる、という。理窟から考えても、こんなバカな言い方が成り立つ筈のものではない。
 手がないところには、手がないにきまっている。手があるから、見つけるのである。つまり、ほかの連中は手がないと思っている。升田は、見つける。つまり、升田は強いのである。
 だから、升田が手がないと思っているところに手を見つける者が現れゝば、その人は升田に勝つ、というだけのことだろう。
 将棋指しは、勝負は気合いだ、という。これもウソだ。勝負は気合いではない。勝負はたゞ確実でなければならぬ。
 確実ということは、石橋を叩いて渡る、ということではない。勝つ、という理にかなっている、ということである。だから、確実であれば、勝つ速力も最短距離、最も早いということでもある。
 升田はそういう勝負の本質をハッキリ知りぬいた男で、いわば、升田将棋というものは、勝負の本質を骨子にしている将棋だ。だから理づめの将棋である。
 升田を力将棋という人は、まだ勝負の本質を会得せず、理と云い、力というものゝ何たるかを知らざるものだ。
 升田は相当以上のハッタリ屋だ。それを見て、升田の将棋もハッタリだと思うのが、間違いの元である。

坂口安吾全集 【ちくま文庫版】 全巻構成

http://u2kobo.in.coocan.jp/ango_works02.htm
17巻
◇囲碁修業 ◇相撲の放送 ◇島原一揆異聞 ◇講談先生 ◇坂口流の将棋観 ◇男女の交際について ◇観戦記 ◇将棋の鬼 ◇集団見合 ◇◆本因坊・呉清源十番碁観戦記 ◇呉清源論 ◇私の碁 ◇文人囲碁会 ◇碁にも名人戦つくれ
〈安吾巷談〉 ◇麻薬・自殺・宗教 ◇天光光女史の場合 ◇野坂中尉と中西伍長 ◇今日われ競輪す ◇湯の町エレジー ◇東京ジャングル探検 ◇熱海復興 ◇ストリップ罵倒 ◇田園ハレム ◇世界新記録病 ◇教祖展覧会 ◇巷談師退場
〈安吾史譚〉 ◇天草四郎 ◇道鏡童子 ◇柿本人麿 ◇直江山城守 ◇勝夢酔 ◇小西行長 ◇源頼朝
◇チャタレイ傍聴記 ◇見事な整理 ◇親が捨てられる世相 ◇世紀の死闘 ◇安吾武者修行 馬庭念流訪問記 ◆安吾下田外史
解説:島田雅彦・衛生学としての“安吾文学”/解題:関井光男

『勝負師』の題材
1949年名人戦第5局
気になる棋譜を見よう!その188(木村前名人 対 塚田名人)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25034202?cp_webto=share_iosapp

メンメン第5譜1949年名人戦 木村義雄×塚田正夫

ニコニコの方が見やすい

木村 、四十九分考えて 、四五金 。ノ ータイムで 、同桂 、四四歩 。ここのあたりは控室の合計五十四段が先刻予想していた通りである 。木村 、二十二分考えて 、六三金 。以下ノ ータイムで 、四五歩 。六四金 。同銀 。ここのところも 、控室の予想の通り 。

木村が猛烈な力をこめてパチリと駒を叩きつけたのは 、ちようど一時半だった 。三七角 (二十四分 )これも控室の五十四段が見ていた手である 。この次の手が 、運命の一手であった。


五九角 (一分 )五四銀 (七分 )七四角ナル 。六二飛 。三七飛 。控室の一同が 、その指手を各自の手帖に書き終ったばかりの時である 。人が一人走ってきた 。 「勝負終り 。木村が勝ちました 」アッというヒマもない 。一同がひとかたまりに道場へ走りこんだ 。二年前に勝った時もそうであったが 、負けた塚田も 、表情には何の変化もなかった 。いつも同じショボショボした眼である 。あとの指手は 、六三銀 。八三馬 (一分 )八二歩 。三八馬 。四二飛 。三六歩 (一分 )同金 。三七歩 。同銀 (一分 )同角 。四六歩 。二四歩 (二分 )まで 。時に 、四時二分 。


菊池寛 将棋

  目次

将棋の話大正九年八月
碁より将棋の方が好きだ大正十年九月
将棋と機心大正十二年二月
勝負事と心境大正十三年六月
大正棋戦一瞥記大正十五年十月五日
将棋と麻雀昭和二年一月九日
東西八段争覇戦を観る昭和二年一月十九日、二十日
木村木見対局観戦総評昭和二年二月三日
二月雑記 将棋隆盛昭和二年二月二十三日、二十四日
将棋讃昭和二年五月
秋宵雑記 露店の詰将棋 将棋会館昭和三年十月十八日、十九日、二十一日
将棋と人生昭和四年一月
将棋のこと昭和四年六月
自分と各種ゲーム 将棋昭和五年五月
菊池寛氏縦横談 将棋で人物をねる昭和六年一月
将棋の話昭和九年一月十五日
駒に教へられる成功の道昭和九年七月
将棋昭和十年七月
指し過ぎ無理筋昭和十一年一月
将棋界の分裂昭和十一年三月
(将棋界合同)昭和十一年八月
坂田氏の棋力昭和十二年三月
倉島君の出征昭和十三年七月
坂田三吉氏のこと昭和十三年七月
(坂田三吉名人戦参加)昭和十三年七月
(坂田三吉名人戦経過)昭和十三年八月
(将棋大成会の企)昭和十四年四月
坂田三吉氏昭和十四年八月
将棋名人戦昭和十四年十月
坂田三吉昭和十五年二月
(坂田三吉隠退)
昭和十五年十月



http://www.aozora.gr.jp/cards/000083/files/1344_22315.html

将棋

菊池寛




 将棋はとにかく愉快である。盤面の上で、この人生とは違つた別な生活と事業がやれるからである。一手一手が新しい創造である。冒険をやつて見ようか、堅実にやつて見ようかと、いろ/\自分の思ひ通りやつて見られる。しかも、その結果が直ちに盤面に現はれる。その上、遊戯とは思はれぬ位、ムキになれる。昔、インドに好戦の国があつて、戦争ばかりしたがるので、侍臣が困つて、王の気持を転換させるために発明したのが、将棋だと云ふが、そんなウソの話が起る位、将棋は面白い。金の無い人が、その余生の道楽として、充分楽しめるほど面白いものだと思ふ。
 将棋の上達方法は、誰人だれも聴きたいところであらうと思ふが、結局盤数ばんかずを指すのが一番だと思ふ。ことに、自分より二枚位強い人に、二枚から指し、飛香ひきやう、飛、角、香と上つて行くのが、一番たしかな上達方法だと思ふ。


長生きするおたく 「雁木」はいつから「雁木」か

http://tochigiyama.blog.fc2.com/blog-entry-41.html
「将棋世界」11月号の鈴木宏彦「雁木、その不思議な呼び名の由来」は、昭和11年の花田―木村戦の観戦記(菊池寛)、昭和15年の金子―木村戦の観戦記(菅谷北斗星)には、雁木の駒組みの局面になっても雁木という言葉が出てこないと記している。

多分全集未収録

中央公論社版は、「全集」とはいうものの代表作を収めた選集として刊行されたもので、刊行が平凡社版より後だが、収録作品数は多くない。判型が菊判で平凡社版の四六判より大きい。しかし、活字が大きいので読みやすい組体裁になっている。造本や用紙も中央公論社版のほうが平凡社版より良好だ。その点で、平凡社版は、読みづらさを感じさせないこともない。

以前、30万円前後もしていた高松市・武蔵野書房版の全集も10万円台まで値崩れしてきたが、補巻のうち2以降の4冊の発行部数が400部と少ないので、さらに下がる可能性は低いのではないか。

菊池寛、井伏鱒二が主宰した昭和時代の「文壇将棋」と将棋を愛好した作家たち

大正時代に「文藝春秋」社を創業した作家の菊池寛は、熱心な将棋愛好家でした。孤独な日々を送っていた大学時代に寂しさを紛らわしてくれたのが将棋で、それ以来、将棋にすっかり引かれました。作家として自立して文壇の大御所になってからも、将棋熱はますます高まっていきました。社長室には立派な盤がでんと置かれ、将棋好きの来客があると、どんなに多忙でもまず1局と指しました。菊池は社員にも将棋を奨励し、勤務時間内での将棋を許可したそうです。菊池の影響を受けて、周囲の作家や編集者はこぞって将棋を指し、将棋を知らない編集者は菊池から原稿をもらえないこともありました。そんな菊池が好んだ言葉は「人生は一番勝負なり、指し直し能わず」でした。

昭和時代初期のある週刊誌には「文壇将棋天狗番付」というコラムがあり、10人ほどの作家たちが似顔絵で登場しました。菊池寛と幸田露伴が将棋を指し、久米正雄、山本有三、佐佐木茂索、広津和郎らが盤側で観戦する絵柄でした。前列の対局者、中列・後列の観戦者と、各人の座る位置で作家たちの棋力を格付けしたようです。当時の文壇では菊池と露伴がとくに強く、露伴は時の名人の関根金次郎(十三世名人)から四段の免状を贈呈されました。

菊池寛を中心とした将棋会とは別に、主に東京の中央線沿線に住んでいた作家たちが集まったのが「阿佐ヶ谷将棋会」でした。主宰者は井伏鱒二で、尾崎一雄、滝井孝作、三好達治、中野好夫、亀井勝一郎、火野葦平、太宰治、宇野千代らが参加しました。井伏の棋力は5、6級程度でしたが、指し始めると徹夜で20局も指すほど将棋が大好きでした。なお、太宰の将棋は攻め一本槍だったそうです。

昭和30年代のころには、文藝春秋社の主催で「文壇王将戦」が定期的に開かれました。前記の井伏鱒二、尾崎一雄、滝井孝作らのほかに、永井龍男、有馬頼義、梅崎春生、豊田三郎、五味康祐、柴田錬三郎らが参加しました。

このように昭和初期から中期にかけて、多くの作家たちが将棋を愛好して「文壇将棋」が形成されました。また、作家が名人戦などの観戦記を担当することがよくあり、大岡昇平、坂口安吾、藤沢桓夫、小島政二郎、井伏鱒二、永井龍男、五味康祐らが書きました。

中でも坂口安吾の観戦記がとても面白いです。安吾は終局まで盤側にずっと座り込んで対局者の一挙一動を克明に取材したので、戦いの臨場感がよく表れていました。五味康祐は「自分の剣豪小説みたいに、盤上に血の雨を降らせる」という意気込みで臨みましたが、担当した名人戦の将棋が一方的な内容だったので、思うように書けなかったようです。

ミステリー小説と将棋は、犯人探し・犯行の手口などの謎解きをする過程が、玉を詰め上げることに似ていて共通点があります。そのためかミステリー作家にも将棋愛好家が多く、江戸川乱歩、横溝正史、松本清張らの大御所も将棋を指しました。

菊池寛は1935年(昭和10年)に「新進作家を世に送り出したい」という趣旨で芥川賞と直木賞を創設しました。それ以来、今年の第144回まで綿々と続いています。両賞の受賞者の中には将棋愛好家が数多くいます。次回は、その作家たちを紹介します。

| 

しつこいようですが、



坂口安吾 勝負師

http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/43166_23712.html

とてつもなく面白い
文体が気になる人は縦書きで読んでほしい(文庫版全集#7)
坂口安吾が『勝負師』後半で題材にした対局は以下、

第5譜1949年名人戦 木村義雄×塚田正夫


ニコニコでは、
気になる棋譜を見よう!その188(木村前名人 対 塚田名人)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25034202?cp_webto=share_iosapp
(ニコニコの方が見やすい)

羽生以前にここまで的確に升田幸三を理解していたのは坂口安吾だけだ
ただし題名の勝負師とは大山康晴のこと


《 三二金[#6]、七七角、三四歩、七(8)八銀、七七角成、仝銀、二二銀、四八銀、三三銀、七八金、六二銀、六八王、六四歩、四六歩、七四歩、四七銀、
 ここまではノータイム。塚田はじめて、三分考へた。袴の中へ両手をつッこんでキチンと上体を直立させてゐる。はじめから終盤のやうに神経質である。徹夜で指しきる将棋は夜が更けて終盤近くなると、対局者は充血してマッカになり、コメカミに静脈が曲りくねつて盛りあがるものだ。木村も塚田もさうである。木村が名人位を失つた二年前の対局では、その盛りあがつて曲りくねつた二人の静脈が、今も私の目にしみてゐるのである。ところが、この対局の塚田は、盤に坐つたはじめから、すでに終盤のやうに神経質で、充血し、コメカミに静脈がもりあがつてゐたのだ。彼の心はコチコチかたまつて、なんの余裕もないやうに見えた。
 六三銀(三分)、三六歩、四二王、一六歩[#25]。
木村 、四十九分考えて 、四五金 [#58]。ノ ータイムで 、同桂 、四四歩[#60] 。ここのあたりは控室の合計五十四段が先刻予想していた通りである 。木村 、二十二分考えて 、六三金 。以下ノ ータイムで 、四五歩 。六四金 。同銀 。ここのところも 、控室の予想の通り 。
木村が猛烈な力をこめてパチリと駒を叩きつけたのは 、ちようど一時半だった 。三七角 (二十四分 )[#65]これも控室の五十四段が見ていた手である 。この次の手が 、運命の一手であった。
 二時十分であつた。運命の手の報らせが来たのは。
 塚田、五二桂(三十九分) [#66]
 棋士たちが、アッといふ声をあげた。
「エ? ナニ、ナニ?」
 大声をあげて、人をかきわけたのは升田であつた。
「五二桂? ホウ。そんな手があつたか」
 誰一人、予想しない手であつた。升田の目が、かゞやいた。妙手か悪手かわからないが、人々の意表をついたこの一手に、彼は先づ感嘆を現した。
 意表をつかれた棋士一同は、にわかに熱心に駒をうごかしはじめた。
「無筋の手や」と、升田。
「無筋ですな」と、金子。
 どういふ意味だか、私には分らない。私は金子八段にきいた。
「無筋の手ッて、どういふことですか」
「つまりですな。相手の読む筈がない手です。手を読むといふのは、要するに、筋を読んでゐるんです。こんな手は、決して相手が読む筈のない手なんですよ」
「時間ぎれを狙うてるんや」
 と、升田がズバリと云つた。その時、木村の時間は、あますところ四十四分であつた。木村の読む筈のない手を指した。木村あますところ四十四分といふ時間を相手にしての塚田の賭博なのである。全然読まない手であるから、木村は面食ふ。そして改めて考へはじめなければならない。今まで木村が考へてゐた色々の場合が、みんな当てが外れたわけで、何百何十分かがムダに費されたわけである。そして、あますところ四十四分で、このむつかしい局面を改めて考へ直さなければならないのである。あます時間が少いので、木村はその負担だけでも混乱する。そして思考がまとまらぬ。時間は容赦なく過る。木村はあせる。塚田は、そこを狙つたのだ。


五九角 (一分 )五四銀 (七分 )七四角ナル [#79]。六二飛 。三七飛 。控室の一同が 、その指手を各自の手帖に書き終ったばかりの時である 。人が一人走ってきた 。 「勝負終り 。木村が勝ちました 」アッというヒマもない 。一同がひとかたまりに道場へ走りこんだ 。二年前に勝った時もそうであったが 、負けた塚田も 、表情には何の変化もなかった 。いつも同じショボショボした眼である 。あとの指手は 、六三銀 。八三馬 (一分 )八二歩 。三八馬 。四二飛 。三六歩 (一分 )同金 。三七歩 。同銀 (一分 )同角 。四六歩 。二四歩 (二分 )[#93]まで 。時に 、四時二分 。
…》



#7
玲瓏