水曜日, 5月 16, 2018

クールベ

クールベ

http://nam-students.blogspot.jp/2018/05/blog-post_81.html@



NAMs出版プロジェクト: プルードンによるクールベ論
 http://nam-students.blogspot.jp/2009/10/blog-post_28.html


Du principe de l’art et de sa destination sociale

une brochure d’exposition à propos d’un tableau de Courbet (« Les Curés » - 1863), 

岩波新書『クールベ』(坂崎坦著)に付されたプルードンの短文は坂崎の要約だろうが、1863年の展覧会パンフの構想を再現したものだろう
1865年に一冊に発展的にまとまった

https://raforum.info/dissertations/spip.php?article142

https://translate.google.co.jp/translate?sl=fr&tl=ja&js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=https%3A%2F%2Fraforum.info%2Fdissertations%2Fspip.php%3Farticle142&edit-text=

. L’art selon Proudhon et Bakounine

Le cas de Proudhon est délicat : tout en reconnaissant son admiration pour son ami Courbet, on lui a souvent prêté des positions très sectaires en matière d’art – sur lesquels reviennent des critiques contemporains [1]. Du principe de l’art et de sa destination sociale devait être à l’origine une brochure d’exposition à propos d’un tableau de Courbet (« Les Curés » - 1863), et l’ouvrage a pris ensuite la forme d’un traité [2], devenant son principal livre entièrement consacré à l’art. Proudhon y expose qu’il n’est finalement d’art que social. Il propose en outre de mettre les artistes hors du gouvernement, afin que l’œuvre d’art ne devienne jamais une manifestation d’autorité, une entrave à la libre créativité de l’homme. Pour Proudhon, l’étude de l’art et celle de la morale sont inséparables, car l’art ne peut se contenter de refléter les choses mais doit aider à leur transformation. Son but est de réconcilier le juste et l’utile, l’art et la morale – ce qui l’amène à rejeter catégoriquement l’art pour l’art. Il conclut son essai par cette mise en garde adressée aux artistes :


。 ProudhonとBakuninによるアート

プルードンの事件は繊細である。彼の友人クールベットに対する賞賛を認めながら、彼はしばしば現代批評家が芸術において非常に宗派的立場に貸してきた。芸術の原則とその社会的目的から、当初はクールベット(「TheCurés」 - 1863年)の絵画に関する展覧会のパンフレットであり、その後本書は条約[2]、彼の主な本は完全に芸術に専念しています。 Proudhonはそれが最終的に唯一の社会的な芸術であることを明らかにします。彼はまた、アートワークが権威の徴候になることは決してありません。それは人間の自由な創造性への障害です。 Proudhonにとって、芸術と道徳の研究は不可分です。なぜなら、芸術は物事を反映するのに満足できるものではなく、変容を助けなければならないからです。彼の目標は、正義と有用な、芸術と道徳を調和させることであり、それによって彼は芸術のための芸術を断じて拒絶する。彼はアーティストにこの警告を書いて、彼のエッセイを終わらせます:


[1] Voir en particulier Dominique BERTHET, Proudhon et l’art, 2001 et la communication de Robert Damien, « Proudhon et la philosophie de l’art », dans Proudhon, anarchisme, art et société…, 2001

[2] Proudhon veut « démontrer ce en quoi Courbet et ses œuvres contribuent à la transformation de l’art et, au-delà, à la transformation du monde, en subvertissant les codes, en changeant les registres, en niant les règles, en passant outre la bienséance et en faisant "vrai" » (Dominique BERTHET, ouv. cité, p. 74).

[3] Pierre-Joseph PROUDHON, Du principe de l’art et de sa destination sociale, 1865, p. 373.

[1]特にDominique BERTHET、Proudhon and art、2001、Proudhon、Anarchism、Art and Society ...、2001年のRobert Damien、 "Proudhonと芸術の哲学"のコミュニケーションを参照してください。

Proudhonは、「Courbetとその作品がどのように美術の変容に貢献し、それを超えて世界の変容、コードの転覆、登録簿の変更、規則の否認、 妥当性を無視して「真実」を示している(ドミニク・バースト、公開引用、74頁)。

Pierre-Joseph PROUDHONは、アートの原則とその社会的な目的地から、1865年、p。373。


http://www.societe-cezanne.fr/2014/01/11/courbetcezanne-la-verite-en-peinture/

Les deux écrivains sont aussi des penseurs  esthéticiens, l’un plus philosophe, l’autre plus journaliste et romancier. Il ne m’appartient ici de développer cette dimension[53]. Retenons que chacun des peintres a un temps éprouvé un grand besoin d’accompagnement intellectuel, et ce en référence à une personnalité littéraire de premier plan. On dit que le livre posthume de Proudhon « Du principe de l’art et de sa destination sociale » est le fruit des échanges entre Courbet et le philosophe. Très certainement Zola, en écrivant la Confession de Claude, puis Mes hainesexpriment des pensées esthétiques nées de ses discussions avec Cezanne. Courbet peindra comme un témoignage posthume le tableau  « Proudhon et ses enfants. Cezanne met Zola en scène dans son rôle de « mentor » avec le tableau    « Alexis faisant la lecture à Zola ».

Mais dans l’un et l’autre cas la prudence s’impose : Courbet ne peut en aucun cas être considéré comme le peintre de Proudhon, car alors il ne serait qu’un illustrateur de la question sociale. Et Cezanne se réjouira d’avoir échappé à Zola, car il imagine tout le mal que la littérature peut occasionner  lorsque le peintre se soumet à un écrivain.

Voila donc deux peintres opiniâtres, enracinés dans la tradition, sollicités par des écrivains et critiques.

[53]         Cf le texte de James Rubin dans le présent ouvrage.  

2人の作家はエステティシャン思想家、もう1人は哲学者、もう1人はジャーナリストと小説家です。この次元を開発するのはここの私の場所ではありません[53]。各画家は知的支援のために長い時間を要していることを覚えておきましょう。これは主導的な文芸的性格を参考にしています。プルードンの死後の本「芸術の原理とその社会的な目的地から」は、クールベットと哲学者との交流の成果であると言われています。最も確かにゾーラ、クロードの告白を書いて、私の憎しみは、セザンヌとの議論から生まれた美的思考を表現しています。クールベットは、絵画「プロードンとその子供たち」の死後の証言として絵を描きます。セザンヌはゾラを絵画「アレクシスがゾラに読んでいる」と「指導者」の役割を果たす。


しかし、どちらの場合でも、慎重さは不可欠です。クルベットは、プルードンの画家とは考えられません。なぜなら、彼は社会問題のイラストレーターになるからです。セザンヌは画家が作家に提出したときに文学が引き起こすすべての害を想像しているので、ゾラを逃れたことを喜ぶでしょう。


だから、伝統に根ざした2人の執拗な画家が、作家と批評家によって求められている。


Controverse sur Courbet

Pierre-Joseph Proudhon (Auteur) Émile Zola (Auteur) Et l'utilité sociale de l'art Paru en janvier 2011 Etude (poche)

https://livre.fnac.com/a3249814/Pierre-Joseph-Proudhon-Controverse-sur-Courbet

https://www.kobo.com/us/en/ebook/controverse-sur-courbet-1

  En 1863, le dernier tableau de Courbet, Le Retour de la conférence, est exclu du Salon. L’œuvre met en scène un groupe de prêtres titubant, sous les effets de l'alcool, le long d'un chemin de campagne. Pressé par Courbet, son ami Proudhon accepte de rédiger une défense de ce tableau qui fait scandale. Mais ce qui ne devait être qu'une brochure de quelques pages devient bientôt un vaste traité du rôle social de l'artiste, publié, à la mort du philosophe, en 1865, sous le titre Du principe de l'art et de sa destination sociale. L'ouvrage serait sans doute passé inaperçu si une jeune plume de la critique ne l'avait étrillé sans ménagement, en réaffirmant l'autonomie absolue de l'artiste : ainsi démarre l'ascension irrésistible d'Émile Zola... Ce sont les textes de cette controverse passionnante qui se trouvent, pour la première fois réunis, dans ce volume. Christophe Salaün a été l'appareil critique de ce texte (notes et postface)
1863年、クールベの最後の絵画、The Return of the Conferenceはサロンから除外されました。 この作品は、田舎のレーンに沿ってアルコールの影響を受けて驚くべき司祭のグループを描いています。 クールベットに押されて、彼の友人プルードホンはこの絵画の守備陣を書くことに同意する。 しかし、いくつかのページのパンフレットだけですぐに、哲学者の死に出版された、アーティストの社会的役割に関する広大な論文が、1865年に、タイトルの下でアートとその目的地の原則社会的。 若い批判のペンが無意識のうちにそれを荒らさずに、アーティストの絶対的自主性を再確認しなければ、この本は間違いなく気づかれなかっただろう。こうしてEmile Zolaの魅力的な上昇を始める。 この魅力的な論争のテキストは、この巻で初めて集められたものです。 ChristopheSalaünはこのテキストの重要な装置であった(注釈と後の言葉)

En 1863, Gustave Courbet, exclu du Salon pour son tableau Le Retour de la conférence, presse son ami le théoricien socialiste Pierre-Joseph Proudhon d’en rédiger la défense.Ce qui ne devait être qu’une brochure de quelques pages devient bientôt un vaste traité du rôle social de l’artiste : Du principe de l’art et de sa destination sociale. L’ouvrage, paru en 1865, peu après la mort de son auteur, serait sans doute passé inaperçu si une jeune plume de la critiquene l’avait étrillé sans ménagement, en réaffirmant l’autonomie absolue de l’artiste : ainsi démarre l’irrésistible ascension d’Émile Zola...Ce sont les textes de cette controverse passionnante qui se trouvent pour la première fois réunis dans ce volume par Christophe Salaün. 

1863年、Gustave Courbetは彼の絵画「The Return of the Conference」のためにサロンから除外され、彼の友人に社会主義の理論家Pierre-Joseph Proudhonに防衛を書くように依頼した。数ページのパンフレットはすぐに 芸術家の社会的役割に関する広大な論文:芸術の原理とその社会的目的から。 1865年に出版されたこの本は、若い羽ばたき批評家の評論家が無意識のうちにそれを破壊し、アーティストの絶対的自主性を再確認したなら、間違いなく気づかなかっただろう。 ÉmileZolaの魅力的な登場...これらはChristopheSalaünによるこの巻で初め


1- Fernand Desnoyers, Salon des refusés. La peinture en 1863, A. Dutil,

1863. (Desnoyers est un défenseur de la cause réaliste.)

2- Ibid.

3- Ibid.

4- Ibid

5- Cette euvre a malheureusement connu un sort définitif. Il en existe

quelques études et reproductions sous formes de gravures ou de copies, mais

l'original a été détruit

6-Ibid


Courbet entretient une correspondance fournie avec Proudhon. Eté 1863, Courbet envoie à Proudhon une longue lettre pour lui préciser sa vision de l’art. Petra Chu précise que, bien que le philosophe se soit moqué de ces lettres, « il semble les avoir lues attentivement : certains aphorismes de Courbet furent transcrits tels quels dans l’essai de Proudhon-ainsi la phrase :

Le passé ne peut servir que comme éducation

est citée mot pour mot dans « Du principe de l’art et de sa destination sociale ». « 

Thomas Schlesser, historien d’art et coorganisateur du colloque a relevé dans la correspondance de Courbet 50 aphorismes rédigés à l’intention de Proudhon. Pour lui, la correspondance du peintre révèle un homme fin et intelligent. Certains de ses aphorisme sont fulgurants : « La vie s’écoule et les crétins restent » (lettre du 18 juin 1875 à Etienne Baudry). Mais ces phrases abruptes peuvent détonner avec la peinture de Courbet qui « n’est pas une sentence, plutôt une énigme ».

クールベットはプロードンとの通信を維持しています。 1863年の夏に、クールベットはプロードーオンに彼の芸術のビジョンを説明するために長い手紙を送った。ペトラ・チュウは、哲学者はこれらの手紙を嘲笑したが、「彼は注意深く読んだようだ。ク​​ルベットのいくつかの格言は、プルードンのエッセイのように転記された。

過去は教育としてしか役に立たない
「芸術の原理とその社会的な目的地」からそのまま引用されている。 "

トーマス・シュレースター(Thomas Schlesser)は、美術史家であり、クールベットの書簡に記されているコロキウムの共同主催者で、プルードンのために書かれた50の格言です。彼のために、画家の対応は、上品で知的な男を明らかにする。彼の偽りの中には、「人生は流れ、馬鹿は残っている」(1875年6月18日の手紙、Etienne Baudryまで)。しかし、これらの突然の文章は、「文章ではなくむしろ謎」であるクールベットの絵画で爆発する可能性があります。

Photographie de la première version du tableau de Courbet « Portrait de P.-J.Proudhon en 1853 ».


1855年 クールベ個展

1863年官展、ナポレオン3世による落選展

1865年プルードン美術論刊行

1873年印象派展

帰り道


http://savatier.blog.lemonde.fr/2015/12/21/gustave-courbet-ou-latheisme-en-liberte/

https://translate.google.co.jp/translate?sl=fr&tl=ja&js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fsavatier.blog.lemonde.fr%2F2015%2F12%2F21%2Fgustave

-courbet-ou-latheisme-en-liberte%2F&edit-text=

https://archive.org/stream/gustavecourbetpe00riat/gustavecourbetpe00riat_djvu.txt

99:



Malgré cette humeur, une grande conversation s'engagea entre le 
polémiste et le peintre, tous deux liseurs et érudits. Soudain, Proudhon 
avisant un carton, où était représenté l'incendie de la bibliothèque 
d'Alexandrie par Omar, s'écrie : 

— Vous ne savez donc pas que c'est une légende ! 

Chenavard en est tout décontenancé. Puis, la conversation s'en- 
gageant sur le mariage, il se venge du philosophe en l'accusant 
d'avoir aussi sacrifié à l'erreur en se mariant, alors que ses théories 
sont la négation du mariage; Courbet le soutint avec vivacité, Champ- 
fleury le combat et conclut, quoique célibataire encore et pour long- 
temps : « Pour moi, ils sont dans le faux... Un célibataire est peu 
intéressant. Il est certain que, dans les arts et les lettres, il a trop 
d'occasions pour ne pas devenir vieux et corrompu ». 

La discussion, pour un peu se fut envenimée. Heureusement, on 
y coupa court, et Proudhon. enchanté de sa visite, prit congé du peintre 
en lui faisant ce compliment : 

— Vos peintures m'ont intéressé ; au moins, je ne suis pas tra- 
cassé par la couleur. 

Or, c'étaient des grisai lies sur cartons! Les rires de ses compa- 
gnons effarèrent, de nouveau, les graves gardiens du Louvre. Le plai- 
sir de Proudhon s'explique : « il a trouvé, dit Champfleurv. de la 
peinture historique et philosophique, qui lui permettait de discuter 
avec un homme appuyé sur le système de M. Auguste Comte. » Sa 



99 



préoccupation de faire rentrer l'esthétique dans la sociologie est 
constante, et il n'y a nul doute qu'il proposa Chenavard en exemple, 
à cet égard, à Courbet. 

この気分にもかかわらず、

論議主義者と画家、読者と学者の両方。突然、プロードン

図書館の火災が示されたダンボール箱に助言する

OmarによってAlexandriaから、叫ぶ:


- だから伝説なのか分からない!


チェナヴァードは非常に困惑しています。その後、会話は

結婚に怒って、彼は彼を非難することによって哲学者に復讐を取る

結婚してエラーに犠牲を払い、彼の理論

結婚の否定です。クールベットは彼を鮮やかに支持した、

虚偽は戦って終わりますが、まだ独身ですが、長い間

時間: "私のために、彼らは間違っている...シングルは少しです

興味深いです。芸術や手紙の中で彼はあまりにも多すぎる

老朽化して腐敗しない機会 "を提供しています。


議論は、少しのために、envenomedになった。幸いにも、私たちは

彼は短いとプロードンをカットした。彼の訪問に喜んで、画家の休暇を取った

この賛辞を作る上で:


あなたの絵は私に興味がありました。少なくとも私は働いていない

色によって壊れた。


今、彼らは段ボール箱の上にgrisaiだった!彼の仲間の笑い

老人たちはルーヴルの墓地の保護者を再び守った。嘆願

プルードン卿は自分自身について説明します:「彼は見つけました」とChampfleurv氏は述べています。の

歴史的、哲学的な絵画があり、彼は議論することができた

男性はオーギュスト・コムテのシステムに傾いている。 Sa


99


美学を社会学に持ち帰ることへの懸念は

彼がChenavardを例として提案したことは間違いありませんが、

この点で、クールベットで。


https://catalog.hathitrust.org/Search/Home?lookfor=proudhon&searchtype=all&ft=&setft=false

https://books.google.co.jp/books?id=O4DrAAAAMAAJ&q=brochure+d%E2%80%99exposition+1863+courbet+proudhon&dq

=brochure+d%E2%80%99exposition+1863+courbet+proudhon&hl=ja&sa=X&ved=0ah

UKEwjC1u3HqYzbAhWEFpQKHbJ7AXIQ6AEIKDAB

https://books.google.co.jp/books?id...
Édouard Dolléans - 1948 - スニペット表示
448 Du projet d'exposition perpétuelle à la Théorie de la propriété 449 Lettre à M . Clerc (4 mars 1863). ... Les élections du 31 mai- 1" juin 1863 et leurs résultats 451-454 Lé tableau de, Courbet : Le retour de la Conférence et Du Principe de l' Art 455-456 VI. ... dangereux 457 Lettres à Darimon du 25 octobre et à Buzon du 27 octobre 1863 459 La brochure : Les, Traités de 1815 ont-ils cessé d'exister?
https://books.google.co.jp/books?id...
1988 - スニペット表示 - 他の版
Or, la réputation de Courbet dépendait, sa vie durant, de connaisseurs ou d' amateurs, mais non de la foule. Ses tableaux ... 3), point de départ pour Proudhon, fut refusé non seulement par le jury officiel, mais aussi par le salon des refusés, en 1863. Que veut donc ... Dans un catalogue d'exposition, on lit par exemple : «.
https://books.google.co.jp/books?id...
elle aura bien lieu, à Saintes même, au début de l'année 1863. Preuve que Courbet, au milieu des tentations, ne perd jamais la tête et n'oublie pas l'impératif proud- honien du travail comme ... Realism and Social Vision in Courbet S Proudhon, Princeton University Press, 1 980. ... Voir Simon Kelly, « Thé Victory of Modem Art . Landscape Painting m Mid-Century France », catalogue d'exposition Renoir ...


Modern Theories of Art 2: From Impressionism to Kandinsky

In this letter he briefly listed some of the issues on which the impressionists diverged from the art of the Salon. ... Pierre-Joseph Proudhon wrote a whole book, Du principe de l'art et de sa destination sociale, published posthumously in 1863, to refute the theory of “art for art's sake” that could do without significant subject matter.


3. Albert Cassagne, La Théorie de l’art pour l’art en France (Geneva, 1979; original edition: Paris, 1906), p. 92.


彦坂尚嘉の《第41次元》アートブログ

41jigen.blog12.fc2.com/page-4.html

アート・ガーファンクル は、1941年生まれ、ニューヨークのクイーンズ区出身のユダヤ人歌手です。 「天使の歌声」と ..... 落選展は、次には1863年にフランス政府が後援して開かれました。ここにマネの『草 ... 次は1855年にパリの万国博覧会の美術展にクールベ が落選して、万博会場の側に小屋を借りて、有料で個展をやったのです。これが歴史上 ...

2012年10月,353号 - 地中海学会 // Collegium Mediterranistarum

www.collegium-mediterr.org/geppo/353.html

ギュスターヴ・クールベの場合も象徴的だ。泥酔した聖職者たちを描いて教会を鋭く批判した 《法話の帰り道》 は,1863年,サロンばかりでなく「落選展」にさえ拒否された過激な作品として,伝説のように語り継がれてきた。この作品についてクールベはサロンと「 ...

http://www.collegium-mediterr.org/geppo/353.html

落選者展? 落選展?


吉川節子

  ギュスターヴ・クールベの場合も象徴的だ。泥酔した聖職者たちを描いて教会を鋭く批判した 《法話の帰り道》 は,1863年,サロンばかりでなく「落選展」にさえ拒否された過激な作品として,伝説のように語り継がれてきた。この作品についてクールベはサロンと「落選展」,二度拒否されたことになる。しかし1849年サロンで二等メダルを獲得したクールベは,1863年サロンでは実は「無審査」の資格(規約: 第2章第5条)で絵画二点,彫刻一点を出品していたのであった。《法話の帰り道》の「落選展」拒否というエピソードは,あくまでも一つの「作品」に関わるものである。1863年の Salon des refusés は一人一人のアーティストに関わる「落選“者”展」ではなく,個々の「作品」に関する展覧会であった。

Du principe de l'art et de sa destination sociale (Nouvelle édition) / par P.-J. Proudhon | Gallica

http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k114943t/f4.image

Les Curés en goguette

酔った司祭たち

Du principe de l’art et de sa destination sociale

une brochure d’exposition à propos d’un tableau de Courbet (« Les Curés » - 1863), 

岩波新書『クールベ』(坂崎坦著)に付されたプルードンの短文の原文は1863年の展覧会パンフらしい
1865年に一冊に発展的にまとまった

https://raforum.info/dissertations/spip.php?article142

https://translate.google.co.jp/translate?sl=fr&tl=ja&js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=https%3A%2F%2Fraforum.info%2Fdissertations%2Fspip.php%3Farticle142&edit-text=

. L’art selon Proudhon et Bakounine

Le cas de Proudhon est délicat : tout en reconnaissant son admiration pour son ami Courbet, on lui a souvent prêté des positions très sectaires en matière d’art – sur lesquels reviennent des critiques contemporains [1]. Du principe de l’art et de sa destination sociale devait être à l’origine une brochure d’exposition à propos d’un tableau de Courbet (« Les Curés » - 1863), et l’ouvrage a pris ensuite la forme d’un traité [2], devenant son principal livre entièrement consacré à l’art. Proudhon y expose qu’il n’est finalement d’art que social. Il propose en outre de mettre les artistes hors du gouvernement, afin que l’œuvre d’art ne devienne jamais une manifestation d’autorité, une entrave à la libre créativité de l’homme. Pour Proudhon, l’étude de l’art et celle de la morale sont inséparables, car l’art ne peut se contenter de refléter les choses mais doit aider à leur transformation. Son but est de réconcilier le juste et l’utile, l’art et la morale – ce qui l’amène à rejeter catégoriquement l’art pour l’art. Il conclut son essai par cette mise en garde adressée aux artistes :


。 ProudhonとBakuninによるアート

プルードンの事件は繊細である。彼の友人クールベットに対する賞賛を認めながら、彼はしばしば現代批評家が芸術において非常に宗派的立場に貸してきた。芸術の原則とその社会的目的から、当初はクールベット(「TheCurés」 - 1863年)の絵画に関する展覧会のパンフレットであり、その後本書は条約[2]、彼の主な本は完全に芸術に専念しています。 Proudhonはそれが最終的に唯一の社会的な芸術であることを明らかにします。彼はまた、アートワークが権威の徴候になることは決してありません。それは人間の自由な創造性への障害です。 Proudhonにとって、芸術と道徳の研究は不可分です。なぜなら、芸術は物事を反映するのに満足できるものではなく、変容を助けなければならないからです。彼の目標は、正義と有用な、芸術と道徳を調和させることであり、それによって彼は芸術のための芸術を断じて拒絶する。彼はアーティストにこの警告を書いて、彼のエッセイを終わらせます:

10:53 午後

 削除
Blogger yoji さんは書きました...

[1] Voir en particulier Dominique BERTHET, Proudhon et l’art, 2001 et la communication de Robert Damien, « Proudhon et la philosophie de l’art », dans Proudhon, anarchisme, art et société…, 2001

[2] Proudhon veut « démontrer ce en quoi Courbet et ses œuvres contribuent à la transformation de l’art et, au-delà, à la transformation du monde, en subvertissant les codes, en changeant les registres, en niant les règles, en passant outre la bienséance et en faisant "vrai" » (Dominique BERTHET, ouv. cité, p. 74).

[3] Pierre-Joseph PROUDHON, Du principe de l’art et de sa destination sociale, 1865, p. 373.

[1]特にDominique BERTHET、Proudhon and art、2001、Proudhon、Anarchism、Art and Society ...、2001年のRobert Damien、 "Proudhonと芸術の哲学"のコミュニケーションを参照してください。

Proudhonは、「Courbetとその作品がどのように美術の変容に貢献し、それを超えて世界の変容、コードの転覆、登録簿の変更、規則の否認、 妥当性を無視して「真実」を示している(ドミニク・バースト、公開引用、74頁)。

Pierre-Joseph PROUDHONは、アートの原則とその社会的な目的地から、1865年、p。373。



https://musee-courbet.doubs.fr/index.php?option=com_content&view=article&id=2&Itemid=2

1860 : Rencontre avec Jules Castagnary, critique d'art qui soutiendra Courbet jusqu'à sa mort.

1862 : Courbet réalise Le pêcheur de chavots, sculpture qu'il offre à la ville d'Ornans pour orner la fontaine de la place des Iles-Basses (actuelle place Courbet). Le peintre séjourne près de Saintes chez son ami Etienne Baudry. Il y peint notamment Le retour de Conférence (œuvre disparue), refusé au Salon l'année suivante.

1865 : Suite au décès du philosophe Proudhon le 19 janvier, Courbet peint son portrait en 36 jours pour pouvoir le présenter au Salon. A l'automne, il séjourne à Trouville où il fréquente la haute société mais aussi le peintre américain James Whistler et sa compagne Joanna  Hiffernan dont il réalise plusieurs portraits.


1860年:彼の死までCourbetをサポートする美術評論家、Jules Castagnaryと会う。

1862:クールベールは、Iles-Basses(現Place Courbet)の泉を飾るためにOrnansの町に提供するチャバトル、彫刻の漁師を認識します。 彼の友人であるEtienne Baudryと共にSaintesの近くに住んでいます。 彼は特に翌年のサロンでの拒否、会議の復帰(行方不明)を描く。

1865年:1月19日に哲学者プルードホンが死亡した後、クールベは36日で肖像画を描いてサロンで発表することができました。 秋には、彼は高層社会に出席したトゥルーヴィルに留まりましたが、アメリカの画家、ジェームズ・ウィスラーと彼の同行者ジョアンナ・ハイファナンもいくつかの肖像画を作っていました。


https://fr.wikipedia.org/wiki/Gustave_Courbet

46

  1.  [PDF] Hervé Touboul, Proudhon dans la correspondance de Courbet. La machine et le cœur, conférence du  — musée d'Orsay.


  • Noël Barbe et Hervé Touboul (dir.), Courbet-Proudhon. L'art et le peuple, Saline Royale d'Arc-et-Senans, 4 juin au 6 septembre 2010, Besançon, Éd. du Sekoya, 2010.
  • Collectif, Controverse sur Courbet et l'utilité sociale de l'art, textes de P.-J. Proudhon et d'Émile Zola, notes et postface par Ch. Salaün, Paris, Éd. des Mille et une nuits, 2011. (ISBN 9782755505917).


Les Curés en goguette

酔った司祭たち

http://www.pba-auctions.com/html/fiche.jsp?id=6354433&np=1&lng=fr&npp=20&ordre=&aff=1&r=


Les Curés en goguette. Avec six dessins de Gustave Courbet. Exposition de Gand de 1868.
Bruxelles, A. Lacroix, Verboeckhoven et Cie, 1868.
In-8 (249 x 160 mm) de 32 pp. et 6 planches en feuilles, couverture verte imprimée, non rogné: sous chemise et étui moderne.
Première édition de cette brochure anticléricale vendue à l'occasion de l'exposition de Gand, en 1868, où figuraient des tableaux de Gustave Courbet.
L'illustration comprend 6 planches satiriques de Courbet fustigeant le goût du clergé pour la table et la boisson.
Dans les années 1860, Gustave Courbet, grand pourfendeur des moeurs du Second Empire, s'attaque également au clergé. Le Retour de la conférence, tableau représentant des curés ivres, est refusé pour immoralité au Salon de 1863; il n'est pas plus accepté au Salon des Refusés! Cinq ans plus tard, le peintre publie ce spirituel pamphlet anticlérical illustré de six dessins qui sont une extension et des variations du tableau de 1863.
Quelques rousseurs, petites fentes au dos.
Sous le titre Des curés chez Bacchus, Satire anticléricale et opposition politique chez Gustave Courbet, Bertrand Tillier a publié un article consacré à la plaquette satirique dans la revue Romantisme en 2013
MES ORDRES D'ACHAT
INFORMATIONS SUR LA VENTE

CONDITIONS DE VENTES

RETOURNER AU CATALOGUE


司祭たちは酔っ払っている。 Gustave Courbetによる6つの図面。 1868年のゲント展。

ブリュッセル、A.Lacroix、VerboeckhovenおよびCo.、1868年。

In-8(249 x 160 mm)32 pp。 6枚、グリーンカバー、アンカット:アンダーシャツ、モダンケース。

ギュスターヴ・クールベットによる絵画を含む1868年に、ゲントの展示会で販売されたこの反臨床的パンフレットの初版。

この図には、テーブルと飲み物のための聖職者の趣味を酷評している6つの風刺的なボードがあります。

1860年代には、第二帝国の大虐殺の巨人であったギュスターヴ・クールベットも聖職者を攻撃しました。会議の復帰、酔っている司祭の写真は、1863年のサロンで不道徳のために拒否されました。彼はSalon desRefusésでもう受け入れられません! 5年後、画家は1863年の絵画の延長と変形である6つの絵画で描かれたこの霊的な抗矯正パンフレットを出版します。

いくつかの狐、後ろに小さなスリット。

BacchusのCurésタイトル、Gustave Courbetの政治的反感と政治的反対の下で、Bertrand Tillierは2013年にRomantisme誌の風刺小冊子に捧げられた記事を発表した

購入のご注文

販売に関する情報

営業の条件

カタログに戻る

https://www.jstor.org/stable/10.1086/674118?seq=1#page_scan_tab_contents

未読

Critical Inquiry
JOURNAL ARTICLE

Courbet, Incommensurate and Emergent

James D. Herbert
Critical Inquiry
Vol. 40, No. 2 (Winter 2014), pp. 339-381
DOI: 10.1086/674118
Stable URL: http://www.jstor.org/stable/10.1086/674118
Page Count: 43


http://www.ratton-ladriere.com/medias/Catalogue_RL_Int_2015.pdf

30:

La tradition veut que le sujet du  Retour de la conférence  ait été inspiré au peintre par  Pierre-Joseph  Proudhon,  que  Courbet connaissait au moins depuis 1847. Il manque  cependant  un  document  qui fasse état de cette hypothèse. C’est plutôt le  philosophe  qui  s’avère  influencé  par  le peintre. Le 9 août 1863, Proudhon écrit  : « Je suis accroché en ce  moment par un travail sur l’art […]. C’est à propos du dernier tableau de Courbet, les curés, exclu de l’Exposition.    »

Courbet séjourne en Saintonge en 18621863. En dépit de ce déplacement, on se trouve bien, dans le tableau comme dans la présente aquarelle, devant un paysage franc-comtois  marqué  par  les  raides falaises de calcaire qui caractérisent la région natale de Courbet et de Proudhon. Le  centre  de  la  composition  est  formé par un groupe de curés enivrés, dont le plus  gros  est monté  sur  un  âne,  ce qui représente,  de  plus,  un  persiflage  de l’entrée  de  Christ  à  Jérusalem    ;  derrière  ce groupe se tiennent trois autres prêtres, eux aussi en état d’ébriété. De part et d’autre, des villageoises et des paysans, dont l’un se tord de rire. Or, le tableau en question n’existe plus. Prévu pour être exposé au Salon de 1863, il fut refusé pour avoir insulté l’Église catholique ; il ne fut même pas accepté au Salon des refusés, institution créée cette même  année  à  l’initiative  de  l’empereur. Courbet en fit pourtant la propagande et le fit graver ; un exemplaire de la gravure est conservé au département des Estampes de la BnF. Il existe aussi deux esquisses peintes, une  au musée  de  Bâle  et  l’autre dans une collection particulière, ainsi qu’un dessin, au musée Courbet d’Ornans, réalisé d’après le tableau par une main inconnue. En outre, Courbet produisit après coup toute une série de  Curés en goguette,  gravée sur bois de bout et publiée à Bruxelles en 1868 (rééditée en 1884). Quant au tableau lui-même, après avoir été vendu fin 1881 à l’hôtel Drouot puis accueilli dans la galerie Georges  Petit,  il  passa, vers  la  fin  du siècle, dans les mains d’un catholique scandalisé qui  l’acquit pour  l’anéantir  aussitôt.  On  en a pourtant gardé la photographie. Pour déterminer le rôle du présent dessin dans ce contexte, il faut d’abord souligner qu’il est signé « Courbet » et daté de « Juin 1862 », et cela bien dans la couche 


伝統は、会議のバックの対象は、ピエール・ジョゼフ・プルードンクールベは、1847年にはしかし、それはこの仮説を参照する文書を欠い少なくともので、知っていた画家に触発されたと考えています。それはむしろ画家の影響を受けた哲学者です。 1863年8月9日、プロードンは次のように書いています。「私は現時点では芸術作品で夢中になっています。それは、展覧会から除外された、司祭たちのクールベの最後の絵画です。 "


クールベはフランシュ=コンテは、クールベとプルードンのネイティブ地域を特徴づける急な石灰岩の崖でマーク風景の前に、この水彩画のようにテーブルに、それは良いですが、このシフトにもかかわらず18621863.にサントーゲに滞在しました。組成物の中心は、また、エルサレムのキリストのエントリ軽口であるロバ、上に搭載されている最大れた中毒硬化のグループによって形成されます。このグループの後ろには酔っている3人の司祭もいます。両村では、村人や農民がいて、そのうち1人は笑い声をあげる。ただし、問題のテーブルは存在しません。 1863年のサロンで展示される予定の彼は、カトリック教会を侮辱することを拒否された。彼はSalon desrefusésで受け入れられませんでした。この機関は、同じ年に天皇によって作られました。しかし、クールベットはそれを伝播し、それを彫刻した。彫刻のコピーはBnFの印刷部に保管されています。 2枚の塗装スケッチ、バーゼルの博物館やその他のプライベートコレクションや図面でもあり、オルナンでクールベ美術館は、未知の手でテーブルから実現しました。さらに、クールベはその後司祭酒宴、木版端部のシリーズを生成し、(1884年に再発行)1868年にブリュッセルで発表しました。絵自体については、その後、ジョルジュプチギャラリーで歓迎ホテルドルーオの端1881を販売された後、彼はそれを買って憤慨カトリックの手の中に、世紀の終わりに向かって通過しましたすぐに全滅する。それでも私たちは写真を保管しています。この文脈では、この図面の役割を決定するには、まずそれが層にも「クールベ」に署名し、日付「1862年6月、」このされていることを強調しなければなりません



https://books.google.co.jp/books?id...
1988 - スニペット表示 - 他の版
Or, la réputation de Courbet dépendait, sa vie durant, de connaisseurs ou d' amateurs, mais non de la foule. Ses tableaux ... Son tableau des Curés enivrés ou Retour de la conférence (fig. 3), point de départ pour Proudhon, fut refusé non seulement par le jury officiel, mais aussi par le salon des refusés, en 1863. Que veut donc dire ... sur Proudhon. Dans un catalogue d'exposition, on lit par exemple : «.



参考

http://www.abcdijon.org/12-13/ESPACEPEDAGOGIQUE/dossierspedagogiques/Proudhon-Courbet.pdf

原文は1863年の展覧会パンフらしい
1865年に一冊にまとまった

https://raforum.info/dissertations/spip.php?article142

https://translate.google.co.jp/translate?sl=fr&tl=ja&js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=https%3A%2F%2Fraforum.info%2Fdissertations%2Fspip.php%3Farticle142&edit-text=

. L’art selon Proudhon et Bakounine

Le cas de Proudhon est délicat : tout en reconnaissant son admiration pour son ami Courbet, on lui a souvent prêté des positions très sectaires en matière d’art – sur lesquels reviennent des critiques contemporains [1]. Du principe de l’art et de sa destination sociale devait être à l’origine une brochure d’exposition à propos d’un tableau de Courbet (« Les Curés » - 1863), et l’ouvrage a pris ensuite la forme d’un traité [2], devenant son principal livre entièrement consacré à l’art. Proudhon y expose qu’il n’est finalement d’art que social. Il propose en outre de mettre les artistes hors du gouvernement, afin que l’œuvre d’art ne devienne jamais une manifestation d’autorité, une entrave à la libre créativité de l’homme. Pour Proudhon, l’étude de l’art et celle de la morale sont inséparables, car l’art ne peut se contenter de refléter les choses mais doit aider à leur transformation. Son but est de réconcilier le juste et l’utile, l’art et la morale – ce qui l’amène à rejeter catégoriquement l’art pour l’art. Il conclut son essai par cette mise en garde adressée aux artistes :


。 ProudhonとBakuninによるアート

プルードンの事件は繊細である。彼の友人クールベットに対する賞賛を認めながら、彼はしばしば現代批評家が芸術において非常に宗派的立場に貸してきた。芸術の原則とその社会的目的から、当初はクールベット(「TheCurés」 - 1863年)の絵画に関する展覧会のパンフレットであり、その後本書は条約[2]、彼の主な本は完全に芸術に専念しています。 Proudhonはそれが最終的に唯一の社会的な芸術であることを明らかにします。彼はまた、アートワークが権威の徴候になることは決してありません。それは人間の自由な創造性への障害です。 Proudhonにとって、芸術と道徳の研究は不可分です。なぜなら、芸術は物事を反映するのに満足できるものではなく、変容を助けなければならないからです。彼の目標は、正義と有用な、芸術と道徳を調和させることであり、それによって彼は芸術のための芸術を断じて拒絶する。彼はアーティストにこの警告を書いて、彼のエッセイを終わらせます:

10:53 午後

 削除
Blogger yoji さんは書きました...

[1] Voir en particulier Dominique BERTHET, Proudhon et l’art, 2001 et la communication de Robert Damien, « Proudhon et la philosophie de l’art », dans Proudhon, anarchisme, art et société…, 2001

[2] Proudhon veut « démontrer ce en quoi Courbet et ses œuvres contribuent à la transformation de l’art et, au-delà, à la transformation du monde, en subvertissant les codes, en changeant les registres, en niant les règles, en passant outre la bienséance et en faisant "vrai" » (Dominique BERTHET, ouv. cité, p. 74).

[3] Pierre-Joseph PROUDHON, Du principe de l’art et de sa destination sociale, 1865, p. 373.

[1]特にDominique BERTHET、Proudhon and art、2001、Proudhon、Anarchism、Art and Society ...、2001年のRobert Damien、 "Proudhonと芸術の哲学"のコミュニケーションを参照してください。

Proudhonは、「Courbetとその作品がどのように美術の変容に貢献し、それを超えて世界の変容、コードの転覆、登録簿の変更、規則の否認、 妥当性を無視して「真実」を示している(ドミニク・バースト、公開引用、74頁)。

Pierre-Joseph PROUDHONは、アートの原則とその社会的な目的地から、1865年、p。373。




アナキスト理論家の芸術への反映(詳細)

2007年4月4日水曜日 
〜によってps 
人気:12%

 ProudhonとBakuninによるアート

プルードンの事件は繊細である。彼の友人クールベットに対する賞賛を認めながら、彼はしばしば現代批評家が芸術において非常に宗派的立場に貸してきた。 芸術の原則とその社会的目的から、当初はクールベット(「TheCurés」 - 1863年)の絵画に関する展覧会のパンフレットであり、その後本書は条約2 ] 、彼の主な本は完全に芸術に専念しています。 Proudhonはそれが最終的に唯一の社会的な芸術であることを明らかにします。 彼はまた、アートワークが権威の徴候になることは決してありません。それは人間の自由な創造性への障害です。 Proudhonにとって、芸術と道徳の研究は不可分です。なぜなら、芸術は物事を反映するのに満足できるものではなく、変容を助けなければならないからです。 彼の目標は、正義と有用な、芸術と道徳を調和させることであり、それによって彼は芸術のための芸術を断じて拒絶する。 彼はアーティストにこの警告を書いて、彼のエッセイを終わらせます:

「革命的社会主義者である私たちにとって、芸術家や作家には、「芸術とスタイルを逆にする方法がわからなければ、私たちの理想は正当で真実です!あなたの必要はありませんあなたが腐敗した、豪華な、アイドラーズのためにサービスしているなら、私たちはあなたの芸術を望んでいませんあなたには貴族、司教と王の威厳が欠かせません!アートとあなたの人々 "» 3 ] 。

「 芸術の原則」において 、プルードンは、芸術作品の性質とその社会的機能との関係を確立する上で、事実、背景と形態の古典的な二分法を受け入れている。 哲学者は、その社会的有用性に従ってアイデアを批判して、コンテンツプランに固執することによって仕事に近づく。 このアイデアのコーティングについては、美しさは味の問題なので、人々は批判を免れます。 芸術、道徳、政治に共通する原則は、これらの3つの領域を批判的思考の中で分離しないことを可能にします。 一方でアイデアと他方でフォームとのこの区別は、プルードンに非常に決定された判断を導く。 こうして、彼は1848年5月、彼の日記「人民代表 」に次のように書いています。

「これは、革命と文学の間に何が共通しているのか、共和国は何をしているのか、そして今後どのような利用が社会に役立つのだろうかと疑問に思うのではないでしょうか? 、この種の寄生虫は軽蔑的に手紙の人々と呼ばれていますか? 4 ]

明らかに、この疑問は、「私たちがいる時には」、文学は「言葉と期間を編成する唯一の技術」であるという観測から生じる。単純な手段として、生き残りを望むならば、それを哲学、政治経済、歴史に変えなければならない。 ここでもまた、Proudhonが「音のフレーズ」 - Darienが後で述べるような「中空の肉」の美しいレーベル - いわゆる「一流」のライターに対して - 政治的、肯定的かつ即時的な何も表現できない」

"それは歴史的には何も分かっていない。 ファイヤーニストや小説家がそれを説明して以来、社会は理解されていない」 6 ] 。

1890年に、クロード・モネへの手紙の中のオクターヴ・ミルボーは、プロードーンの言葉をエコーし​​ました。 一方で、世界を発見する自然科学とは対照的に、「文学は、人工的で慣習的な、いつも同じ、約2〜3つの愚かな感情を曖昧にし、形而上学的な誤りにこだわり、偽の詩愚かで野蛮な汎神論! 彼は述べています:

「私は空虚なもの、愚かなもの、文学より絶対的に悲惨なものは何もないという確信に至りました。 私はもはやBalzacを信じていないし、Flaubertはちょうど中空の言葉の錯覚である」 7 ] 。

彼の作品、特に1848年5月の共和党議員の記事の過半数を超えて、プルードンは特に、ここでライターをあまりにも高くする取引の階層構造と戦うことを見なければなりません。

"誰が彼の手で働いて、考え、話し、書いています。 心の共和国で、より高い知性のために予約された場所があるならば、スタイルの人は行動の人に自分の場所を与えなければならない " 8 ] 。

また、この記事はプロウドンが作家が革命に参加するのを待っていた1848年に書かれたことを覚えておいてください。 彼が激しくアーチストを攻撃するならば、彼らは彼らが彼らに期待していたところまで生きていないからです。

彼はプルドーの文学的趣味に専念していたが、芸術の重要性を強調した人はいなかった9 ] 。 彼の作品は、サン・シモーニアンとフーリエに続く、芸術と手紙の革命的批判の起源を明らかにする。 彼は著書にかなりの影響を与え、知的起源の革命を許す限りでさえ認める。 彼が自分の時代の文化的生産(社会的美学の結果)を厳しく判断するならば、それは悲惨さが避けられないと信じており、それを非難するのは詩人や作家に任されているからだ。 :

"独占の大量絶滅10 ]はまだ詩人を見つけていない。 プロレタリア人のための勇気のない、この世界の事務所とは別の私たちの韻は、月に彼らの憂鬱なボリューム感を嘆き続けます。 しかし、瞑想の主題は、独占によって引き起こされた悲惨さである11 ]

したがって、静かに保つことによって、芸術家たちは人々の迫害の共犯となった:

"[...]人々の自由に反する神権と独裁者の自然の助手になった[...]。 腐敗の閣僚、容赦のない教授、売春の代理人、彼らの驚異を熟視して彼らの侮辱と貧困を負うよう教えてくれたのは彼らだ」 12 ] 。

これは、芸術が社会的機能を失い、アイドル・アテーテの餌食になってしまったことを後悔して、彼はジレンタント主義を罵倒しているのです。「レッスン、詩、散文に満ちたイベントは決してありません。完全に働いて、より空に見えた? Proudhonにとって、美学、倫理、政治は分離できない。彼は革命と反革命の2つのキャンプで著者を分類する。

プロードンが芸術王を拒否すれば、誰もがアーティストでなければならないと考えているからです。 彼自身は、1843年に2つの悲劇とコメディ、 ガリレオ、ジュディス商業における結婚のシナリオを書いた14 ] 。 本当に民主主義的な芸術は、芸術家がコミュニティ外では想像されていないことを前提としています。つまり、プロードーンにとって、「偉大なる人物」も「天才」もいません。

「描くことを学んだ一万人の生徒は、傑作の製作よりも芸術の進歩のために多くを数えます。 描くことを学んだ10000人の市民は、芸術的集団の力、アイデアの力、エネルギー、個人のそれに比べてはるかに優れた理想を持ち、いつか表現を見いだす人はチーフを超えるでしょう。 " 15 ] 。

Proudhonにとっては、誰もが批評を行使すべきです。誰もが芸術家と芸術評論家になる権利があります。 芸術家の判断を下す特権を「専門家」に委ねるのではなく、閉じこもりの輪を壊すことが必要である16 ] 。 アートは社会的で自由な未来にあり、みんなの経験になるでしょう。 Proudhonは美術評論家の役割を否定するのではなく、読者や観客を思考の仕方で置き換えることを拒否します。 最も賞賛される作家は確かヴォルテールであり、彼は同時に言語、スタイル、アイデアを賞賛しますが、ラベレーとモンテーニュを革命的な作家ともみなしています。 Proudhonのために、2つの文献はありませんが、伝統的なソースから引き出されたユニークな文化です。そのアクセスは誰にでも開放されなければなりません。 確かに、すべての人がアーティストであるため、アーティストは少数派ではなく、すべての人のために働く必要があります。 そして、プロードーンが未来の芸術を考えるとき、彼は芸術は遍在することを想像します。

「公共の場所、劇場、学会、勉強部屋、体育館、コンサートホールとボール、カフェ、町のホール、図書館など それは現代美術が国内消費を数えなければ飾らなければならないものである」 17 ] 。

プロードーンは、芸術作品の社会的性格を主張することによって、アーティストの所有権を作品に問いかける。

"アーティストは所有者ではなく、プロデューサーでもあり、彼は自分の仕事の消費者または所有者です。 Leonardo da Vinciは最後の晩餐の絵を燃やして、それを実行した後、不動産を破壊して行為するという唯一の喜びのために、Leonardo da Vinciは怪物になるだろう " 18 ] 。

実際に、画家が仕事をしている間、社会は彼に食事を与え、彼を服従させ、彼に提出した:彼はどのように彼の生産のマスターになりますか? 天才は決して孤立していない、それはコミュニティの実りです:

「芸術は、社会的、政治的、宗教的使命を受けているほど規則的ではない男性集団では、むしろ顕在化していない」 19 ] 。

文学の問題の問題は文学のマトラットの中心にあります。「1862年に出版された著者、発明家および芸術家の利益のために永遠の独占を生み出すことを目的とする法案の審査」です。 プロドンは反対します国家が文学作品の販売契約を永久的な年金契約に変えることを可能にする法案。これは、いかなるアイデアの制作においても、それに属するものを国民に奪い取ることになる。Proudhonは彼の著書で、時間創造としての芸術の概念を発展させている。

「人間の仕事は、それが何であれ、彼のようなものであり、限られており、不完全で、一時的であり、しばらくしか役に立たない。 アイデアは、脳を通過して個別化され、表現する言葉として時代遅れになります。 理想はそれを表すイメージほど素早く破壊されます。 そしてこの天才の創造は、私たちが強調しているように、私たちが栄養を与えるパンのように、生き生きとした、小さくて現実的で、腐敗しにくい、腐敗しやすい、ヌード。 これらの傑作は、絶滅した国々から私たちに下がってきたものであり、私たちは不滅であると信じています。 遺物、ミイラ " 20 ] 。

完全に歴史的なものである芸術作品は、それが生まれたことを見た世代にのみ訴える。 それは人工的に文学作品の期間を延長することによって、新しい作品の制作が妨げられています。 その時代の魂は死んでしまったので、過去の芸術はこのように終わってしまいました。 Proudhonは過去の芸術の研究(それを保存することが重要です)に反対しませんが、間違いは現代の作品と同じ重要性を与え、後者を同じ基準の後に。 過去の遺産は同化され追求されなければならないが、革新しなければならない。博物館は芸術作品の目的地にはなりませんが、研究の場所、通路の場所、現在無効な作品を置く場所は使用できません。 バーナード・ラザール氏は、1896年に「若者」と題された記事で、「この若者は過去が学習の対象であり、理解され、復活しなければならないことを知っている」 21 ] 。

Proudhonの本当の強みは、聖サイモンが彼の前にしたように、アーティストと社会の間のつながりの存在を非常に強く肯定することです。 そして、若いゾラから非常に強い反応を引き起こすのはこの点です。 この記事では、彼は芸術原則とその社会的運命に専念しています22 ] 。ゾラはプロードンと同じ世界のものではないことを認識しています: "彼は私を市民にしたい、彼からのアーティスト。 これが議論です。 1865年のゾラでは、アーティストたちは社会の外に位置しています。「私たちは空にあり、私たちは再び落ちない」ということです。 どのように彼らは平等を信じることができますか、彼らの芸術は他の人よりも優れていますか? ZolaがProudhonの仕事を誤解させるような多くの簡素化を超えて(これは読まれる前にもその意味を推測すると考えている)、我々は明らかに2つの相容れない立場を立証することができます.Zolaはプロデューソンは人類の上に浮かんできた元々の天才で、他の人と同様に市民にしたいと考えている23 ] 。 アンドレ・レズラー(AndréReszler)が要約したように、プロードンは芸術家に彼の特権を奪う最初のアナキストであり、

"これからアーティストは市民、他の人のような男だ。 彼は同じルールを守り、同じ原則に従い、同じ財産を尊重し、同じ言語を話し、同じ権利を行使し、同じ任務を遂行する。 偶像崇拝の時を過ぎ、過度の男性 " 24 ] 。

それはゾラの批判はややこしく、彼の歪んだ記述は本当に私たちにとって重要です。 ゾラが許していないことは、プロードーンは、社会的な視点から芸術を判断することです。 Proudhonは、芸術を語るのに「無能」であるとゾラは言います。彼は、「アートの死とその社会的無益」という本の名前をよくするでしょう。 ゾウラはプルードーンの仕事を支持していない唯一の人物ではなく、フロウベルトはこのテーマについて書いています。「私たちは現在、最大限の社会主義者を持っています。 それは好奇心、名誉の言葉です! それは、私が芝生の上を歩いて歩いているような強いトイレのような気分にさせました。 それぞれの文は迷惑です " 25 ] 。

一方、プルードンの作品にアナキストの作家を引き付けるのは、芸術を実生活から切り離そうとしない欲望であり、芸術は人類の完璧な実現である。 プロードンは「状況の中の芸術」という概念を創造し、自発的な創造を生命に完全に統合しました。 彼が与える例は、Sainte-Pélagieの政治囚人が自由への賛歌を歌っていることである:「教会の歌のような状況では、現実的で、パレードの上での騒ぎと、私がもっと好きな音楽がない " 26 ] 。 博物館で人為的に生き続ける美術では、現実の生活の一部である民俗芸術集団(中世の共同芸術に触発されている)に反対しています。

プロードーンの著作が提起した未解決の問題が残っています。彼にとって、その仕事は明白でなければなりません。 したがって、彼は「自分のアイデアだけを明らかにするために何らかの形で隠れるスタイル」 27 ]を主張する。 すべての芸術は、論文、道徳、有罪判決を持っていなければなりません。それが勝つのはこの考え方です。 たとえProudhonがアイデアを強調することだけを懸念して宣伝の芸術に反対していたとしても、彼は形式上のアイデアの優位性を主張し、当技術分野の混乱と不合理と戦う。 彼に続いて、Jean Graveは頻繁に読者の感覚や感情を無視することによって文学作品を判断するふりをしているので、理解可能性の向上の利益のために賢明を犠牲にする。

最後に、プルドーは現代文学にしばしば敵対的であるが、言語そのものがイデオロギー的闘争の地面であることを認識していることを忘れてはならない28 ] 。 このようにして、彼はPlekhanov 29 ] 、Trotsky、そしてもちろんSartreの先駆者です。 しかし、19世紀後半のプルードンの美学的思想に影響を及ぼすのは、最初にすべての理論家と作家です。 彼の芸術と手紙の社会的概念は、その時に開発された社会芸術理論に直接エコーを見出す。 それは、ロシアの小説家や哲学者(彼の本が翻訳、頒布、コメントされているところ)によって、Herzen、Turgenev、Tolstoyによって読み上げられている。 フランスではジュール・ヴァレ(JuliVallès)は、クールベットに亡くなられた数々のザ・ストリート ( The Street )のために、クルベットに哲学者を描くように頼んで、プルードンの死の1周年を記念しています。 1866年1月)。

最後に、プルードンはロシア人とは異なり、「現実主義」を何ら防御していないことに注意してください。 プロードンは、真実を真実、彼にとって重要な真実と区別します。 現実の絵は専ら模造品になるでしょう。 芸術が「単純な模倣、自然のコピーまたは偽造に限定されているなら、それを棄権する方が良いでしょう」。 彼は、理性主義を提案します。彼は "推論"、 "反射的"、 "道徳化と革命"の芸術を作る "クリティカルスクール"と呼ばれる新しい学校です。 プロデューソンが芸術を家畜化し、イデオロギーの奉仕に置くという願望を探ることはできません。 プロードンは、作家の完全な自由を芸術家に任せ、決して絵画のやり方を指示しません。 だから彼はLes Majoratslittérairesにこう書いています:

"すべては詩と芸術を提供する。 彼らの創造物には制限やタイプが課せられていません。彼ら自身が腐敗することなく怒らない真実と正義だけを提​​供します。

プロードンは社会主義芸術ではなく、社会主義芸術ではなく、宣伝芸術ではなく、時代を守った芸術を求めています。

しかし、プードーの芸術的思想は、特に美術には何の仕事もしていないバクーニンの理論化されていないアイデアによって相殺されるだろう。

Proudhonのように、Bakuninは仕事の明白なメッセージに、内容に独占的な注意を向けています。 彼は、19世紀に文学は部分的に反応と関連し、個人主義を文学におけるブルジョア原理の現れとして非難したと主張する。 しかしバクーニンは戦闘芸術(Turgenevの友人、ジョージ・サンド、ワグナー、彼は彼の革命闘争にそれらを関連付けることは決してない)には何も言わず、アーティストの構造を変えることはアーティストに任されているとは考えていない。社会(行動主義者、革命家のために確保する役割)。

しかし、バクニンは天才を認識し、ドレスデンでヴェーグナー監督のベートーヴェン交響曲第9番の演奏を説明しているように、傑作の存在を認めているようである31 ] 。

神と国家 (断片の状態にとどまり、死後出版された)で、彼は主に文学に関するプルードンの考えを取り上げます。 彼はまた、科学に対する芸術の優位性を肯定しています。芸術は現代の疎遠の力に対する人の不滅の部分の保護者です。 人類への新たな脅威に対して、科学者の政府、不変で非人間的な科学の統治である芸術は、芸術は

"人生への抽象化の復帰。 一方、科学は、永遠の抽象の祭壇に生命の絶え間ない永遠の永遠の永遠の沈黙です。

世紀末の作家たちは、バクーニンから「アートは、抽象化を人生に戻すことである」という考え方があります。例えば、 LaのAdolpheRettéによる記事の碑文ペン (1893年11月1日)は、国家、国家、神権、または人間の権能の考え方に対する闘いにおけるアートの役割について語っています。

最後に、明日の芸術はまだわからないというバクナインの考えが特にあります。 どのように芸術的システムを開発する(彼は同様に将来の社会のためのプロジェクトをスケッチすることを拒否する)アートは正確に私たちは "無限の地平を示し、誰も結果を予測することはできません" 33 ] ? これらのバクニンのアイデアはルイーズ・ミシェルの小説にも見られ、未知の未来の可能性にも魅了されています。

Caroline GRANIER

"私たちはフォーミュラの遮断器です"。 19世紀末フランスのアナキスト作家。 博士論文パリ8大学2003年12月6日。


1 ]特にDominique BERTHET、 Proudhon and art 、2001、 Proudhon、 Anarchism 、Art and Society ... 、2001年のRobert Damien、 "Proudhonと芸術の哲学"のコミュニケーションを参照してください

Proudhonは、「Courbetとその作品がどのように美術の変容に貢献し、それを超えて世界の変容、コードの転覆、登録簿の変更、規則の否認、妥当性を無視して「真実」を示している(ドミニク・バースト、公開引用、74頁)。

Pierre-Joseph PROUDHONは、 アートの原則とその社会的な目的地から 、1865年、p。 373。

4 ] Pierre-Joseph Proudhon、「どの革命が文学に起因しているか」、 人民代表者 、1848年5月28日

5 ] Georges DARIEN、 人々の敵、 1972年、p。 184。

6 ] Pierre-Joseph Proudhon、「文学には何の革命があるか」、 The People of People 、1848年5月28日

7 ] MIRBEAUオクターブ、クロード・モネへの手紙、1890年7月25日、クロード・モネとのコラボレーション、1990年、p。102

8 ] Proudhonはまた彼が彼等の適合性(彼らの独創性の欠如)およびそれらの過度の慎重のためにそれらを非難する "ノルウェー人"として通常分類する大学によって形成された作家の疑いがある。 芸術は人の自由な創造性にとって危険かもしれないという考えもあります。例えば、偉大な古典は、公衆の目に見えるように改宗される危険を冒します。 。

9 ] Pierre PALIX、PJ Proudhon(1977)の文学的、芸術的な味。

10 ] 「 独占 :何かの貿易、搾取または排他的な楽しみ」(Pierre-Joseph PROUDHON、 経済矛盾のシステムまたは不幸の哲学 、パリ、A.LacroixおよびVerboeckhoven et Cie [1846]、1972年、 219)。

11 ] Pierre-Joseph Proudhon、Pierre PALIXによって引用、op。 引用、p。 37。

12 ] Pierre-Joseph PROUDHON、 芸術の原理から... 、1865、p。 354。

13 ] Pierre-Joseph PROUDHON、パリの文学長、Lacroix Verboeckoven、1867、p。 83。

14 ] Dominique BERTHET、op。 引用、p。 19。

15 ] AndréRESZLER、op。 引用、p。 20.アートでのこの集団的概念のエコーを、今日、Armand Gattiと彼の書いたワークショップで見つけます。

16 ]プルードンの文学評論家の著作については、私はピエール・パリクスを非常に完璧なものにしている。ピエール・パリクスは彼の正義を批判していることを示している。プルードンは宗派狭い味とそれがあまりにも頻繁に減少している道徳的な傾向(Pierre PALIX、1977年のPJ Proudhonの文学と芸術の味 )

17 ] Pierre-Joseph PROUDHON、 Carnets 、写本、1961、III、p。 10。

18 ] Pierre-Joseph PROUDHON、 Carnets 、写本、1961、VI、p。 316。

19 ] Pierre-Joseph PROUDHON、 芸術の原理から... 、1865、p。 52。

20 ]ピエール=ジョセフ・プロドホン、 文学の長老 、p。 15。

21 ] Bernard Lazare、 "青年"、 パリのエコー 、1896年2月15日。

ÉmileZola、 "Proudhon et Courbet"、私の文学的および芸術的憎悪 - Causeries、Paris / Geneva、Resources、1979、p。 19から40。 この記事は1865年にThe Public Hate of Lyonに掲載されました。 この件については、ゾラの論争がプルードンの死後の書籍が出版された直後に現れたと指摘しているプルードン、アナーキスト、アート、そして社会におけるクラウス・ハーディング、「プルードン、クールベット、ゾラ:奇妙な議論」を参照してください。

23 ] "芸術家はこれから市民、他の人のような男"となるでしょう(Pierre-Joseph PROUDHON、 原則から... 、1865年、367)。 Proudhonは、作家が「階級を形成し、不自然であり、奴隷であり、腐敗し、腐敗している」ということを後悔している。 彼らは「形の崇拝者であり、すべてにおいて理想主義的」である(idem、356)。

24 ] Pierre-Joseph Proudhon、AndréRESZLER、 Anarchistの美学によって引用、p。 27-28。

25 ]ピエール・パリクス、op。 引用、p。 831。

26 ] Pierre-Joseph PROUDHON、 芸術の原理から... 、1865、p。 または、もう一度: "[...]不在のすべてが私を不快にする。コンサートは音楽の死です」(333)。

27 ] Pierre-Joseph PROUDHON、 芸術の原理から... 、1865、p。 347。

28 ]参照:フィリップRegnier、 " 文学 、24号、1976年12月の革命的なプロードゥオンの文学矛盾"、pp。 63-82。 Philippe Regnierは、Rachmiel Brandwajn( Proudhonの言語と美学 、1952)が行った調査で、Proudhonには130以上の新しさを挙げています。「一般的に文法規則を尊重しているこのアイデアは、躊躇しない正式に認められた語彙が彼の思考を描くことができないように見えるときはいつでも、単語を数十偽造すること、新聞で彼の散文を賞賛すること」(12)。 Proudhonは、 政府、人道主義、自由主義者という言葉を発明している(彼の本Justiceの第1巻で、その言葉は自由の党派を指し、まだ単一のシステムには適用されない)、 進歩的、絶対主義的、 、係員など)。

29 ]プロードンと同様に、プレカノフは個人主義を非難し、芸術の非凡性を糾弾する。 Proudhonはまた、他の現代外国人作家、特にBielinski、Chernyshevsky、Herzen(彼の友人であった)が類似のアイデアを展開するロシアで特に触れなければならない。 トロツキーは、1938年にアンドレ・ブルトンとの宣言に署名し、スターリンの文化政策に反して、芸術創造のアナキストの原則を再確認しました。 サルトルについては、彼は自然にプルードンによって開発された芸術の哲学を文献とは何かを見つけるでしょう。 (Jean-Paul SARTRE、 文学とは何か 、Paris、Gallimard、1989、128)。

芸術は "美しさ、貴重"のようであり、したがってアートの仕事は交換の対象になることはできない(Pierre-Joseph PROUDHON、 Les Majoratslittéraires 、84)。

31 ] Wagnerの自叙伝( L'esthetique anarchiste 、34)にその話を借りていることを述べているAndréReszlerによって報告された。

32 ] Michel BAKOUNINE、 神と国家 、譲渡:1996、p。 81(AndréRESZLER、 The Anarchist Esthetics 、37を引用)。

33 ]告白の言葉で:Michel BAKOUNINE、 Confession (1857)、reed:1932、p。 171。


コメント(終了)

Christophe Merlantのロゴ
2008年8月23日(土)9:43 am、Christophe Merlant

あなたの論文は絶対にエキサイティングです! 
おそらく、あなたのエデュケーションが私の無知の一つを埋めるでしょう。私はRevue d'art dramatique 1891で特定のMF Lefranc "naturalistic theatre"による記事を見つけました。 そして、私はこの評論家が誰であるかを知らない。 
この雑誌については、編集ラインが定義されていますか? それとも、「フォーラム」の一種ですか? 
あなた、 
Christophe Merlant 
c.merlant@wanadoo.fr



https://yojiseki.exblog.jp/6815104/

クールベによるプルードン関連の作品をご紹介します。mixiフォトアルバムから転載いたしました。
プルードンとクールベは同郷で、二月革命の時期には共闘と言える関係を結びます。プルードンには有名なクールベ論があり、一方クルーベは絵を見ればわかるようにプルードンを私淑していました。
最近『at』(vol.10)に載った論考などには誤解を招く記述がありますが、その歴史観にも関わらず、プルードンのクールベ論は、クールベという固有名にパラドックスを見ている点でクールベ個人を捨象したものではないということを付記しておきます。

1853年のプルードン↓

a0024841_16533520.jpg


「画家のアトリエ」 
解説:裸婦から右に三番目の正面を向いた男性がプルードンです。追記:『画家のアトリエ』の左側に座っている、「猟師」はナポレオン三世がモデルと言われています。

a0024841_16503031.jpg


1865年の肖像画
参考:
http://www.the-athenaeum.org/art/detail.php?ID=7266 
Owner/Location: Musee d'Orsay (France) 
Dates: 1865 
Dimensions: None listed 
Medium: Painting - oil on canvas 

a0024841_16505471.jpg



プルードン夫人の肖像   
Portrait de Madame Euphrasie Proudhon 
1865 油彩・カンヴァス 73x59cm 仏・パリ、オルセー美術館 Musee d'Orsay, Paris 
参考サイト:http://www.ne.jp/asahi/art.barbizon/y.ide/3MYEXH4.HTM 以下引用。
「モデルはクールベの故郷の先輩で同年没した哲学者のP.J.プルードンの妻ウーフラジー。 クールベはこの肖像画において、モデルを悲運の哲学者に連れ添い疲れ果てた未亡人、また子供に次々と先立たれてしまう不幸な母親とは現実的に描かずに、美しい襞の帽子を被らせて微笑ませ、彼女に精一杯の同情心を見せている。」

a0024841_16511341.jpg



死の床でのプルードン 
Proudhon sur son lit de mort 
1868年 21×21cm 
リトグラフ 
クールベ美術館蔵 
解説: 
「このデッサンは消失してしまった。クールベが1868年にカルジャの写真から制作したリトグラフが残っているだけである。カルジャの写真は『ラ・リュ』という政治色の強い新聞に掲載されていた筈だが、発禁になってしまった。偉大なる哲学者でクールベの友人、1809年2月にブザンソンで生まれ、「所有は盗みである」という有名な格言を残したプルードンは、1865年1月20日に世を去った。クールベは彼の死んだ日に、「我々を襲った救いのない不幸に打ちひしがれた私は、私の親友であり、19世紀を代表する人物の肖像画を描きたい・・・」と書いている。彼はこの哲学者の単身像と二人の娘と一緒にいる肖像画を制作している。クールベは「彼はこの時代の賢者であり、そして天才の名にふさわしい人物である」とも書いている。(TN )」2001年、クールベ展図録より 
(このリトグラフは、2001〜2年のクールベ展で日本で展示されたが、2005年のクールベ展には来ていない。) 

「臨終の床にあるプルードン」はジュール・ヴァレスの主催する「街角で」という新聞に掲載される予定であったが、政府の干渉によって禁止されている。(近藤昭『クールベ』p91,岩崎美術社)

a0024841_16512985.jpg



番外編:「セーヌ河畔の娘たち」(1857年度作品。この作品に対して、プルードンの有名な論評がある)

a0024841_16545565.jpg




阿部良雄の『クールベ』(新潮社美術文庫)、坂崎担の『クールベ』、カシュニッツの『ギュスターヴ・クールベ』、などはプルードンへのブルジョア的な偏見が満ち満ちていて、ブルジョア側の理解度の低さが今日でもうかがわれる。
坂崎の岩波新書版『クールベ』には巻末にプルードンの論考の翻訳が掲載されているが、原著の情報がないので原著は未確認である。
推薦できるのは、近藤昭『クールベ』、ジェームズ・H. ルービンの図版が充実した『クールベ』だ。特に近藤昭の論考は革命に関する歴史的な理解があり素晴らしい。ジェームズ・H. ルービンには未邦訳だが、プルードンとクールベの関係に特化した本があり邦訳が待たれる。


追記:
カシュニッツ(p.95)によればゾラはプルードンのクールベ論を合理主義的な計画経済的?なものとして批判したという。刊行中の『ゾラ・コレクション』で未刊行の「美術評論9」に所収されることを願う。
それにしてもプルードンは右からも左からも批判されていてややこしい、、、
(個人主義及び自由主義の立場からは、ゾラ、ワルラス、シュティルナー、計画経済?からはマルクスなどからの批判がある。)

参考サイト:
クールベ画像リスト。画像一つ一つは小さいですが、収録数は最大級の充実振りです
http://www.the-athenaeum.org/art/by_artist.php?id=347
 



書評:『美術論集』 (ゾラ・セレクション)

書評:
美術論集 (ゾラ・セレクション)
エミール ゾラ 藤原書店(2010年7月16日)

冒頭のプルードン批判(「プルードンとクールベ」1865)が重要だ。 
ただしとりたてて内容はない。ゾラはプルードンがクールベを論じた『芸術の原理とその使命について』を、「読まなくとも‥わかる」と言うが、それなら論じなければいいのだ。 
これは原告ワルラス、マルクスに続くプルードン欠席裁判の一例である。 
ゾラの動機は単純で、プルードンの文筆家の位置に自分が納まりたいのである。 
ただし、ゾラはプルードンのそれを批判する以上に自分が一面的だから例えばセザンヌとの共闘はできなかった。 
プルードンは『芸術の原理とその使命について』が未邦訳だから検証は困難だが、資本国家国民の三位一体に意識的だったから全体的な視野を持っており、それがクールベとの共闘を可能にしたのである。 
ゾラを全体的に捉える必要は依然あるが、それには映画『ゾラの生涯』などを見るのが良いと思う。 

1 Comments:

Blogger yoji said...

土方定一著作集 11 近代ヨーロッパ美術と現代
出版者   平凡社
出版年   1977.9
大きさ等  19cm 429p 図版9枚
NDC分類 708
NDC分類 702.3
件名    美術(西洋)-歴史-近代  ≪再検索≫
書誌番号  3-0190005645

7:58 午後  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home