水曜日, 11月 11, 2015

ハバード経済学 Economics, Glenn P. Hubbard, Anthony P. O'Brien

                        (リンク::::::::::経済学

ハバード経済学 Economics, Glenn P. Hubbard, Anthony P. O'Brien
http://nam-students.blogspot.jp/2015/11/economics-glenn-p-hubbard-anthony-p-o.html(本頁)

ハバード経済学
Economics, ed.3th
By Glenn P. Hubbard, Anthony P. O'Brien
(邦訳2014,原著2010),2006,2008,2009,2010,2013

http://www.amazon.com/Economics-4th-Edition-Glenn-Hubbard/dp/013281725X
Economics, 4th Edition  2012(2013Hardcover: 1128 pages
Publisher: Prentice Hall; 4 edition (January 16, 2012)
Language: English

ハバード経済学I 入門編
ハバード経済学II 基礎ミクロ編
ハバード経済学III 基礎マクロ編 
  R・グレン・ハバード, アンソニー・パトリック・オブライエン著
  竹中 平蔵, 真鍋 雅史 訳  日本経済新聞出版社 2014

入門編の紹介文:
「生きた経済」の仕組みがわかる! 企業経営や公共政策に活用できる! 
ハーバード大学、コロンビア大学はじめ、全米300以上の大学で利用されている、生きた経済、ビジネスが学べる、米国著名教授による経済学テキスト、3巻本のうちの入門編。
現実の経済・ビジネスの多種多様な話題を交え、経済学の基本がマスターできます。日本の事例も取り入れ、経済学の有用性を実感できます。

ミクロ編の紹介文:
(「BOOK」データベースより)
「生きた経済」の仕組みがわかる!企業経営や公共政策に活用できる。日本の事例も盛り込んだ、抜群に読みやすいフルカラー・テキスト!
 
マクロ編紹介文:
いま必要な政策の考えか方がわかる! 今後のマクロ経済の動きが見えてくる! 
ハーバード大学、コロンビア大学はじめ、全米300以上の大学で利用されている、生きた経済、ビジネスが学べる米国著名教授による経済学テキスト、3巻本のマクロ経済学編。
現実の景気循環、金融政策、財政政策を検証しながらマクロ経済学の基本を解説。生きた経済を動かす仕組みを、実感をもって理解できます。
特に、リーマンショックがもたらした金融危機、景気後退についての記述が充実しており、マクロ経済政策を理解する上で役立つ内容になっています。
(邦訳原典は上記と以下の2012年ed.4ではなく2010年ed.3と考えられる。後述。)

Economics, 4?th Edition  2012?
By Glenn P. Hubbard, Anthony P. O'Brien
http://www.mypearsonstore.com/bookstore/economics-9780132817257?xid=PSED
Table of Contents
Part 1: Introduction
Chapter 1: Economics: Foundations and Models
Chapter 2: Trade-offs, Comparative Advantage, and the Market System
Chapter 3: Where Prices Come From: The Interaction of Demand and Supply
Chapter 4: Economic Efficiency, Government Price Setting, and Taxes
Part 2: Markets in Action
Chapter 5: Externalities, Environmental Policy, and Public Goods
Chapter 6: Elasticity: The Responsiveness of Demand and Supply
Part 3: Firms in the Domestic and International Economies
Chapter 7: The Economics of Health Care
Chapter 8: Firms, the Stock Market, and Corporate Governance
Part 4: Microeconomic Foundations: Consumers and Firms
Chapter 9: Comparative Advantage and the Gains from International Trade
Chapter 10: Consumer Choice and Behavioral Economics
Part 5: Market Structure and Firm Strategy
Chapter 11: Technology, Production, and Costs
Chapter 12: Firms in Perfectly Competitive Markets
Chapter 13: Monopolistic Competition: The Competitive Model in a More Realistic Setting
Chapter 14: Oligopoly: Firms in Less Competitive Markets
Chapter 15: Monopoly and Antitrust Policy
Part 6: Markets for Factors of Production
Chapter 16: Pricing Strategy
Part 7: Information, Taxes, and the Distribution of Income
Chapter 17: The Markets for Labor and Other Factors of Production
Chapter 18: Public Choice, Taxes, and the Distribution of Income
Part 8: Macroeconomic Foundations and Long-Run Growth
Chapter 19: GDP: Measuring Total Production and Income
Chapter 20: Unemployment and Inflation
Chapter 21: Economic Growth, the Financial System, and Business Cycles
Chapter 22: Long-Run Economic Growth: Sources and Policies
Part 9: Short-Run Fluctuations
Chapter 23: Aggregate Expenditure and Output in the Short Run
Chapter 24: Aggregate Demand and Aggregate Supply Analysis
Part 10: Monetary and Fiscal Policy
Chapter 25: Money, Banks, and the Federal Reserve System
Chapter 26: Monetary Policy
Chapter 27: Fiscal Policy
Chapter 28: Inflation, Unemployment, and Federal Reserve Policy
Part 11: The International Economy
Chapter 29: Macroeconomics in an Open Economy
Chapter 30: The International Financial System 

多分、上の英語目次は2014?年原著最新刊ed.5のもの。現行邦訳の原著であるという第四版2012のものとも同じだが、邦訳と違う。つまりed.4とed.5との微妙な差異の問題は置いておいて、邦訳は第三版が元なのだ。邦訳の構成は以下の第三版2009-2010を採用し、時事的なものは第四版or第五版を採用しているのだろう。翻訳計画が長引くとよくあるケースだ。 いずれにせよ上記ed.4で削除されたed.3#17情報の経済学が邦訳では再び追加されている。#30国際金融システムの削除が謎だ。多分、#29で十分と思ったか、時事的なのでカットしたかだ。訳者陣による別冊「準備体操編」に何か翻訳事情が書いてあるのだろうか?邦訳されていない#7: The Economics of Health Careの内容が気になる(kindle英語版サンプル目次でおおよそ推測出来る)。
   
ed.3(2009),邦訳へ
ed.4(2012),#17. The Economics of Informationがカット。# 7: The Economics of Health Care が追加。時事的記事邦訳へ。大きな章題追加?
ed.5(2014),電子書籍化。e-learning強化。基本内容変化なし?事例追加?

以下、原著ed.3目次:

Part 1. Introduction
Chapter 1. Economics: Foundations and Models
Chapter 2. Tradeoffs, Comparative Advantage, and the Market System
Chapter 3. Where Prices Come From: The Interaction of Demand and Supply
Chapter 4. Economic Efficiency, Government Price Setting, and Taxes
Part 2. Markets in Action
Chapter 5. Externalities, Environmental Policy, and Public Goods
Chapter 6. Elasticity: The Responsiveness of Demand and Supply
Part 3. Firms in the Domestic and International Economies
Chapter 7. Firms, the Stock Market, and Corporate Governance
Chapter 8. Comparative Advantage and the Gains from International Trade
Part 4. Microeconomic Foundations: Consumers and Firms
Chapter 9. Consumer Choice and Behavioral Economics
Chapter 10. Production, Technology, and Costs
Part 5. Market Structure and Firm Strategy
Chapter 11. Firms in Perfectly Competitive Markets
Chapter 12. Monopolistic Competition: The Competitive Model in a More Realistic Setting
Chapter 13. Oligopoly: Firms in Less Competitive Markets
Chapter 14. Monopoly and Antitrust Policy
Chapter 15. Pricing Strategy
Part 6. Markets for Factors of Production
Chapter 16. The Markets for Labor and Other Factors of Production
Part 7. Information, Taxes, and the Distribution of Income
Chapter 17. The Economics of Information

Chapter 18. Public Choice, Taxes, and the Distribution of Income
Part 8. Macroeconomic Foundations and Long-Run Growth
Chapter 19. GDP: Measuring Total Production and Income
Chapter 20. Unemployment and Inflation
Chapter 21. Economic Growth, the Financial System, and Business Cycles
Chapter 22. Long-Run Growth: Sources and Policies
Part 9. Short-Run Fluctuations
Chapter 23. Aggregate Expenditure and Output in the Short Run
Chapter 24. Aggregate Demand and Aggregate Supply Analysis
Part 10. Monetary and Fiscal Policy
Chapter 25. Money, Banks, and the Federal Reserve System
Chapter 26. Monetary Policy
Chapter 27. Fiscal Policy
Chapter 28. Inflation, Unemployment, and Federal Reserve Policy
Part 11. The International Economy
Chapter 29. Macroeconomics in an Open Economy
Chapter 30. The International Financial System

日本語版では採用されていないが、原著第5版のように大きな章タイトルがある方がいい。以下、第3版目次に組み入れてみた。

Table of Contents 

Part 1: Introduction
Chapter 1: Economics: Foundations and Models
Chapter 2: Trade-offs, Comparative Advantage, and the Market System
Chapter 3: Where Prices Come From: The Interaction of Demand and Supply
Chapter 4: Economic Efficiency, Government Price Setting, and Taxes
Part 2: Markets in Action
Chapter 5: Externalities, Environmental Policy, and Public Goods
Chapter 6: Elasticity: The Responsiveness of Demand and Supply
Part 3: Firms in the Domestic and International Economies
×Chapter 7: The Economics of Health Care
Chapter 7: Firms, the Stock Market, and Corporate Governance
Part 4: Microeconomic Foundations: Consumers and Firms
Chapter 8: Comparative Advantage and the Gains from International Trade
Chapter 9: Consumer Choice and Behavioral Economics
Part 5: Market Structure and Firm Strategy
Chapter 10: Technology, Production, and Costs
Chapter 11: Firms in Perfectly Competitive Markets
Chapter 12: Monopolistic Competition: The Competitive Model in a More Realistic Setting
Chapter 13: Oligopoly: Firms in Less Competitive Markets
Chapter 14: Monopoly and Antitrust Policy
Part 6: Markets for Factors of Production
Chapter 15: Pricing Strategy
Part 7: Information, Taxes, and the Distribution of Income
Chapter 16: The Markets for Labor and Other Factors of Production 
○Chapter 17: The Economics of Information
Chapter 18: Public Choice, Taxes, and the Distribution of Income
Part 8: Macroeconomic Foundations and Long-Run Growth
Chapter 19: GDP: Measuring Total Production and Income
Chapter 20: Unemployment and Inflation
Chapter 21: Economic Growth, the Financial System, and Business Cycles
Chapter 22: Long-Run Economic Growth: Sources and Policies
Part 9: Short-Run Fluctuations
Chapter 23: Aggregate Expenditure and Output in the Short Run
Chapter 24: Aggregate Demand and Aggregate Supply Analysis
Part 10: Monetary and Fiscal Policy
Chapter 25: Money, Banks, and the Federal Reserve System
Chapter 26: Monetary Policy
Chapter 27: Fiscal Policy
Chapter 28: Inflation, Unemployment, and Federal Reserve Policy
Part 11: The International Economy
Chapter 29: Macroeconomics in an Open Economy
×Chapter 30: The International Financial System 

ハバード経済学I 入門編 | R・グレン・ハバード, アンソニー・パトリック・オブライエン, 竹中 平蔵, 真鍋 雅史   日本経済新聞出版社  2014  (緑)
http://www.amazon.co.jp/dp/4532134528
目次
1章 経済学:基礎とモデル1abc
2章 トレードオフ、比較優位と市場システム2
3章 価格の決定:需要と供給の相互作用3
4章 経済的効率性、政府の価格統制と租税4
5章 外部性、環境政策と公共財5
6章 弾力性:需要と供給の反応の強さ6
7章 企業、株式市場とコーポレート・ガバナンス8ab
8章 完全競争市場における企業12ab
9章 独占的競争:より現実的な環境における企業13ab
10章 GDP:総生産と総所得の測定19☆ac
11章 経済成長、金融システムと景気循環21
ハバード経済学II 基礎ミクロ編 | R・グレン・ハバード, アンソニー・パトリック・オブライエン, 竹中 平蔵, 真鍋 雅史  (オレンジ)
目次
1章 経済学:基礎とモデル1☆acc
2章 企業、株式市場とコーポレート・ガバナンス8☆ab
3章 比較優位と、貿易から得られる利益9
4章 消費者選択と行動経済学10
5章 技術、生産と費用11
6章 完全競争市場における企業12ab
7章 独占的競争:より現実的な環境における企業13ab
8章 寡占:競争が緩やかな市場の企業14☆ab
9章 独占と反トラスト政策15
10章 価格戦略18
11章 労働市場、その他の生産要素市場17
12章 情報の経済学 30??

13章 公共選択、税と所得分配18



ハバード経済学III 基礎マクロ編 | R・グレン・ハバード, アンソニー・パトリック・オブライエン, 竹中 平蔵, 真鍋 雅史 (青)
目次
1章 経済学:基礎とモデル1☆abc
2章 企業、株式市場とコーポレート・ガバナンス8☆abc
3章 GDP:総生産と総所得の測定19☆ac
4章 失業とインフレーション20
5章 経済成長、金融システムと景気循環21
6章 長期的な経済成長:源泉と政策22
7章 短期的な総支出と総生産23
8章 総需要と総供給の分析24
9章 貨幣、銀行と連邦準備制度25
10章 金融政策26
11章 財政政策27
12章 インフレ、失業とFedの政策28
13章 開放経済におけるマクロ経済学29
前述のように、原著#7が削除されたので、それ以降の章番号がずれている。追加されてものも一章(1:12章 情報の経済学)ある。


書評:
さすがにカラー4色、分厚い三分冊は存在感(重くはないがかさばる)がある。出来れば電子書籍版を出して欲しい。*
記述は類書のいいとこ取りでよく出来ている。
入門編では、特に2種の経済のフロー循環図、一番目(1.2:53)は定番だが2番目(1.10:285/3.3:57)が素晴らしい。巻頭のグラフの見方の解説(1.1:25~38,)も「らくらく」シリーズ以上に見やすい。
ただ、ルーカスあたりへの言及(3.12:418)からはリーマンショックへの反省はない。すべてはFed連邦準備制度の問題であるかのようだ。
基礎ミクロ編では、大学教授と野球選手の賃金の比較が笑わせる(2:345)。
全体にミクロの記述はヴァリアンに近い(ヴァリアンが冒頭に置いたアパート談義の代わりにタブレット談義1.3:66,91~92がある)。
基礎マクロ編では、45度線分析の説明(3.7:209~214,特に211,212)が類書では例のない分かりやすさで特筆される。1929年の大恐慌も45度線で説明される(3.7:223)。
(以下脱線する。著者は中立を装いつつも、ニュデェールに批判的なようだがそのソフトとハードの両面を考えた政策が今日でも見習うべきだからやはり再評価が必要だ。戦争景気の歴史的有効性の強調もやはりソフトが重要だということではないか? 戦争は景気は一時的なものだが。)
こうした「実例で見る経済学」のコーナーの充実が本書の特色だが、全体の構成的にはサミュエルソンに似ている。
もっと圧縮したら名著になるが、辞典的機能を失うので難しいところだ。
自由主義者は大概ミクロが得意だが、本書はマクロが優れている。基本的ことは入門編にダブって収録されているから、入門編がオススメ。
特にグラフの見方とフロー循環(とGNPの測定図)が入門編に入っているのは評価出来る。
版型は少し横に長いが活かし切れていない。
ちなみに、原著者まえがきはルーカスといっても映画監督のジョージ・ルーカスのことばが引かれている。**
「自分が見たいと思う映画だったが、誰も作ってくれないようなので自分で作ることにした」。1,2,3:xiii
作ったのは映画ではなく教科書だが、共同作業というところは似ていたようだ。
数式はほとんど出て来ない。スルツキー方程式も出て来ない。全巻あくまで基礎だ。

原著はkindle化されている。かなり高価だが。サンプルが読める。
Amazon.co.jp: Economics: Global Edition 電子書籍: Glenn P. Hubbard, Anthony P. O'Brien:
http://www.amazon.co.jp/Economics-Global-Glenn-P-Hubbard-ebook/dp/B00XN4CZ3A/

**
20. PREFACE
When George Lucas was asked why he made Star Wars, he replied, “It’s the kind of movie I like to see, but no one seemed to be making them. So, I decided to make one.” We realized that no one seemed to be writing the kind of textbook we wanted to use in our classes. So, after years of supplementing texts with fresh, lively, real-world examples from newspapers, magazines, Web sites, and professional journals, we decided to write an economics text that delivers complete economics coverage with many real-world business examples. Our goal was to keep our classes “widget free.”
Microeconomics (4th ed) By Hubbard & O’Brien (2012)
http://www.slideshare.net/A619/microeconomics-4th-ed-by-hubbard-obrien

上記書評関連参考図表:












ーーーーー
レビュー:
最近出た本でいいなと思っているのが、日本経済新聞出版社から刊行された『ハバード経済学』です。
R. Glenn Hubbard and Anthony P O’Brien, Economics, 4th Edition, 2012の翻訳で、原著最新版は5th Edition, 2014。元は一冊の本ですが、翻訳版は『スティグリッツ経済学』のように三分冊での出版です。印刷もカラーで見やすくていいですね。


最も参考になったカスタマーレビュー

13 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 Amazon Customer 投稿日 2014/5/11
形式: 単行本(ソフトカバー)
竹中平蔵氏の主張にはイマイチ賛同できかねるものの、
元の文章がある翻訳であれば“竹中節”もそれほどではないだろうと思って購入しました。
丁寧に訳されていますし、フルカラーで見やすく、良書だと思います。
マンキューも読みましたが、マンキューと甲乙付けがたいです。
今後は「マンキューかハバード」になるかと思います。

大学生の教科書として使用することを目的としているのかと思いますが、
実例を踏まえたコラムなども豊富なので、
社会人の読み物としても十分、面白いと思います。

ひとまず入門編を読み終わった後に基礎ミクロ編も読んでみようと思っています。
コメント  このレビューは参考になりましたか?  はいいいえ  不正使用の報告
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 永世惑人 VINE メンバー 投稿日 2014/6/12
形式: 単行本(ソフトカバー)
おそらく原著の良さを生かしたのでしょう、4色で読みやすいレイアウトです。このような教科書は日本では見かけませんので、たぶん、ピアソンの日本支社が出版しなくなったので、計画中だったのを日本新聞経済出版社が引き取ったのでしょう。(コトラー、アームストロング、恩藏のマーケティング原理では丸善出版が、そうしているようです。)
身近な話題の多くはアメリカの例が残っているので、それが私にとっても面白いです。(アップル、スターバックス、フェイスブックなどの株を買っているので。)
社会の問題、選挙を気にする政治的な改悪が経済的には不合理な事が多い事、歪みの少ない経済的な解決策がを選ぶことが大事なのですね。
「入門編」「ミクロ編」「マクロ編」と、相互のつながりも分かるようになっています。索引も共通です。
これからの標準になるのでしょう。日本人の書き下ろしで、ここまで綺麗な本が出てくるか楽しみです。マンキューが改訂されれば4色なるような気がします。白黒になったスティグリッツは、厳しいかな。

__________
原著最新刊2013目次:
http://www.pearsonhighered.com/educator/product/Macroeconomics-5E/9780133455496.page

Macroeconomics, 5/E - Glenn P. Hubbard & Anthony P. O'Brien
Glenn P. Hubbard, Columbia University
Anthony P. O'Brien, Lehigh University
ISBN-10: 0133455491 • ISBN-13: 9780133455496
©2015 • Prentice Hall • Paper, 728 pp
Published 12/28/2013(-2014?)

Table of Contents

Part 1: Introduction
Chapter 1: Economics: Foundations and Models 
Chapter 2: Trade-offs, Comparative Advantage, and the Market System 
Chapter 3: Where Prices Come From: The Interaction of Demand and Supply 
Chapter 4: Economic Efficiency, Government Price Setting, and Taxes
Chapter 5: The Economics of Health Care 
Part 2: Firms in the Domestic and Internation Economies
Chapter 6: Firms, the Stock Market, and Corporate Governance 
Chapter 7: Comparative Advantage and the Gains from International Trade 
Part 3: Macroeconomic Foundations and Long-Run Growth
Chapter 8: GDP: Measuring Total Production and Income 
Chapter 9: Unemployment and Inflation 
Chapter 10: Economic Growth, the Financial System, and Business Cycles 
Chapter 11: Long-Run Economic Growth: Sources and Policies 
Part 4: Short-Run Fluctuations
Chapter 12: Aggregate Expenditure and Output in the Short Run 
Chapter 13: Aggregate Demand and Aggregate Supply Analysis 
Part 5: Monetary and Fiscal Policy
Chapter 14: Money, Banks, and the Federal Reserve System 
Chapter 15: Monetary Policy 
Chapter 16: Fiscal Policy 
Chapter 17: Inflation, Unemployment, and Federal Reserve Policy 
Part 6: The International Economy
Chapter 18: Macroeconomics in an Open Economy 
Chapter 19: The International Financial System

これはマクロ版なので、構成する章が少なくなり(#5,6,10-18、計11章、主にミクロ後半がカット)、よりコンパクト (1128→728 pages)になっている。ミクロ版もあるが、完全版はed.4と同じく全30章だ。
Amazon.co.jp: Economics: Global Edition 電子書籍: Glenn P. Hubbard, Anthony P. O'Brien: Kindleストア
http://www.amazon.co.jp/Economics-Global-Glenn-P-Hubbard-ebook/dp/B00XN4CZ3A/


以下。第4版目次:
Economics, 4th Edition 2012
http://www.mypearsonstore.com/bookstore/economics-9780132817257?xid=PSED
Table of Contents
Part 1: Introduction
Chapter 1: Economics: Foundations and Models
Chapter 2: Trade-offs, Comparative Advantage, and the Market System
Chapter 3: Where Prices Come From: The Interaction of Demand and Supply
Chapter 4: Economic Efficiency, Government Price Setting, and Taxes
Part 2: Markets in Action
xChapter 5: Externalities, Environmental Policy, and Public Goods
xChapter 6: Elasticity: The Responsiveness of Demand and Supply
Part 3: Firms in the Domestic and International Economies
Chapter 7: The Economics of Health Care
Chapter 8: Firms, the Stock Market, and Corporate Governance
Part 4: Microeconomic Foundations: Consumers and Firms
Chapter 9: Comparative Advantage and the Gains from International Trade
xChapter 10: Consumer Choice and Behavioral Economics
Part 5: Market Structure and Firm Strategy
xChapter 11: Technology, Production, and Costs
xChapter 12: Firms in Perfectly Competitive Markets
xChapter 13: Monopolistic Competition: The Competitive Model in a More Realistic Setting
xChapter 14: Oligopoly: Firms in Less Competitive Markets
xChapter 15: Monopoly and Antitrust Policy
Part 6: Markets for Factors of Production
xChapter 16: Pricing Strategy
Part 7: Information, Taxes, and the Distribution of Income
xChapter 17: The Markets for Labor and Other Factors of Production
xChapter 18: Public Choice, Taxes, and the Distribution of Income
Part 8: Macroeconomic Foundations and Long-Run Growth
Chapter 19: GDP: Measuring Total Production and Income
Chapter 20: Unemployment and Inflation
Chapter 21: Economic Growth, the Financial System, and Business Cycles
Chapter 22: Long-Run Economic Growth: Sources and Policies
Part 9: Short-Run Fluctuations
Chapter 23: Aggregate Expenditure and Output in the Short Run
Chapter 24: Aggregate Demand and Aggregate Supply Analysis
Part 10: Monetary and Fiscal Policy
Chapter 25: Money, Banks, and the Federal Reserve System
Chapter 26: Monetary Policy
Chapter 27: Fiscal Policy
Chapter 28: Inflation, Unemployment, and Federal Reserve Policy
Part 11: The International Economy
Chapter 29: Macroeconomics in an Open Economy
Chapter 30: The International Financial System

_______

メモ:
ハバード経済学1入門編の2種の経済のフロー循環図、1番目(1.2:p53)は
定番だが2番目(1.10:p285,3.3:p57)が興味深い。
ただしそれは経済学の腐敗を無意識に表しているからだ。

ハバード経済学より:
      【家計】
生産物市場      要素市場
      【企業】
    ↓
      【家計】
   外国  政府  金融システム
      【企業】

2基礎ミクロ編では、大学教授と野球選手の賃金の比較が笑わせる(2:p345)。
http://2.bp.blogspot.com/-8ORwJ6EFtg4/VkLpQ2r7AXI/AAAAAAAA0ng/KmvWp9_b4-Q/s1600/fubbardmicro1a.jpg
3基礎マクロ編では、45度線分析の説明(3.7:p209~214,特にp211,p212)
が類書では例のない分かりやすさで特筆される。
1929年の大恐慌も45度線で説明される(3.7:p223)。
______

      生産物市場
家計      企業
   要素市場
  ↓
    外国
家計  政府  企業
  金融システム
(現代社会では一般に下の構造認識になっているが、要素市場の課題は消えない)
:ハバード経済学参照

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home