日曜日, 11月 15, 2015

Forclusion・スピノザとデリダ(ネグリ)&ハイデガー『シェリング講義』書 評:メモ(再掲)


Forclusion・スピノザとデリダ(ネグリ)&ハイデガー『シェリング講義』書評:メモ(再掲)
http://nam-students.blogspot.jp/2015/11/forclusion.html(本頁)

スピノザ 
 カント
シェリング
 ハイデガー
 デリダ
ネグリ

forclusion・スピノザとデリダ(及びハイデガー、ネグリ):メモ(再掲)&
『シェリング講義』書評 :  http://yojiseki.exblog.jp/7590366/



『シェリング講義』マルティン ハイデガー, Martin Heidegger著, 木田 元, 迫田 健一訳
1999年 新書館

本書ではハイデガーが珍しくスピノザに言及している。
正確にはシェリングの『人間的自由の本質』経由の間接的な言及だが、許し難い意図的なスピノザの誤読がある。

ハイデガーはシェリングを引用し、スピノザの誤りが「神が諸事物であり」、「一個の事物であるとするところにあるのだ」(p200)とし、存在忘却の典型だとしている。
しかし、シェリングの原書ではその先があり、「一個の事物であるところの無限的な実体の抽象的な概念的把握に、あるのである。」(世界の名著続9、p416)と続くのだ。

シェリングもハイデガーもスピノザを批判し、それ以上に能動性の契機を見出そうとしているのだが(シェリングは上記書p410でスピノザのいう実体を「A」、個別的実体を「A/a」と記載する等正確に理解しようとしているが)、ハイデガーの方はスピノザを矮小化したうえで「ドイツ観念論」に可能性を無理矢理見出そうとしているように見える。

それもカントの批判哲学に寄り添う形のドイツ観念論をカントのものではないと、カントを両義的に捉えるというよりも矮小化(p102,134,191)しつつ、、、(これはあるべきものの逆転であるというフランツ・バーダーの悪の定義にあてはまる。世界の名著p438)。

カントについては置くとして、肝心な点は、ハイデガーの存在忘却の指摘が実はスピノザの論理に近いという事だ。
例えば、p116(及びp148)に出てくるハイデガー作成の存在-神-論の図は、

(要素を抽出するなら、)

  存在者である限り
  /     \
存在者     存在者全体
  \     /
    ロゴス

というものだが(左端の「存在者」を本書では「存在者そのもの」と記しており、複数に対する単数、様態に対する実体、つまり存在者=オンではなく存在=ウーシア的なものとも理解できる)、これは山下正男がスピノザを図解した以下の図、

         I(全論理空間)
          ◯
         /\
        /  \ 
       /    \
a=b=S /      \  a/=b/=M
    ◯/        \◯
 Sは実体\        / Mは様態
      \      / 
       \    / 
        \  /
         \/ 
          ◯
         O(空なるクラス)

(『論理学史』(山下正男)p208より、スピノザ哲学の論理構成。)

(同じく要素を抽出するなら、)

  全論理空間  
 /     \
実体      様態
 \     /
  空のクラス 

と、上下は逆だが相似である(『論理学史』山下正男p208より。ただしハイデガーはヘーゲルと同じで最終的には排中律を取らない)。
つまり、ハイデガーはスピノザを無視する事でその地位を築いたのである(ニーチェですらスピノザを正しく読んでいたのに)。

「悪」を欠如やたんなる転倒としてではなく、人間の可能的形態としての自由論、それも数学的な理性体系(p108)の中に位置づけるとするなら、スピノザの即物的で動的な「悪」の定義こそ重要になるはずだが、、、

そもそもハイデガーがカントの遺稿に言及するなら(p92-3)そこに記されたスピノザの重要性にきづいたはずである。

索引もあり、訳も読みやすく本書の「存在」自体はたいへん意義があると思う。


by yojisekimoto | 2008-10-21 01:33 | ハイデガー | 


スピノザとデリダ(:メモ)
http://yojiseki.exblog.jp/8762350
NAMs出版プロジェクト: スピノザ『神学政治論』『国家論』:メモ及び目次
http://nam-students.blogspot.jp/2011/11/blog-post.html


    「スピノザはハイデガーを全面的に転倒させる。」
    (「力能と存在論ーハイデッガーかスピノザか」『スピノザとわたしたち』ネグリ、
    邦訳では102頁より)

    以下、ネグリの指摘をリストにしてみる。

     A        B
    ハイデガー    スピノザ
     不安       愛
     配視       精神
     決意性      欲望
     現前       コナトゥス
     配慮       衝動
     可能性      力能


    要はハイデガーのAにスピノザはBを対置するというのである。
    「愛は配慮の場を占める」という指摘もあるようなので必ずしも左右は一対一対応
    ではないらしい。
    同様の記述が講演録「スピノザの反近代」(邦訳『68年のスピノザ』78頁)
    にもある。
    これらはハイデガーを先に読んでいた現代の読者がスピノザから受ける衝撃を上手く
    説明するものかも知れない。


    ハイデガー自身はスピノザにほとんど言及しなかったことが指摘されている。

    それをデリダは「ハイデッガーにおけるスピノザの排除(去勢)(forclusion)」と言っ ていた。
    (「正しく食べなくてはならない」あるいは主体の計算――ジャン=リュック・ナンシーとの対話」
    『主体の後に誰が来るのか?』157頁参照)


    スピノザとデリダ(:メモ)
    http://yojiseki.exblog.jp/8762350

    デリダはハイデガーを批判的に受け継いでいると言われるが、ハイデガーと同じくスピノザへの言及は少ない。
    スピノザと同じユダヤ人異教徒=マラーノでも戦略が逆なのだ。

    批判哲学を受け継ぐハイデガー=デリダのラインは、時間軸を大切にする。
    一挙に(幾何学的に)真理を把握するスピノザのような実在論は危険なのだ。スピノザの哲学を導入すればハイデガー、デリダの哲学は一瞬で終わってしまう。極端に言えば、ハイデガーはスピノザを無視することで膨大な講義が可能となり、デリダもスピノザを無視することで物書きとして延々と書き続けられたのだ。

    しかし、原理的に外部のないデリダのエクリチュールが体現するのは、後述するように、スピノザ的心身並行論以外の何ものでもない。

    歴史的にはニーチェはスピノザに親近感を覚え、ヘーゲルはスピノザの心身並行論を一挙に解消しようとし、ラカンはスピノザの決定論と平行論を精神分析の基礎に据えるなど、スピノザはカント的批判哲学の外部からは常に宵の明星のような座標であった。

    こんな重要な存在をどうして無視して来たかと言えば、スピノザを安易に援用するとそこで差異が解消し、発生論的な矛盾が解消されてしまうからであるからだが、両者が真逆であるがゆえに、ここにある種の歴史の皮肉が見出せる。

    つまり、フッサールにおける発生論の取り扱いを論ずるデリダは自らの生の条件を負の条件から逆に照射しているが、逆にテクストに外部がないというデリダのテクストは(ドゥルーズとは違って)外部と連結するスピノザのテクストとは正反対であるがゆえに、スピノザ哲学はデリダを明確に浮き彫りにするのだ。

    「いかなる物も、外部の原因によってでなくては滅ぼされることができない。」(『エチカ』3:4)

    テクスト内部においてそこに内在する権力をひっくり返そうとするデリダの脱構築はハイデッガーの存在論史の読み直し(=解体、『存在と時間』より)を受け継いだものであるが、これはスピノザの言う物質が持続して存在しつづけようとする性質(=努力、コナトゥス)を浮かび上がらせる。
    むしろディコンストラクションとは、行為としては終わることのないコナトゥス(努力)そのもののことだと言ってもいい。スピノザの終わることのない心身並行論は、デリダのテクストにこそそのサンプルを見出す。

    ハーバーマスとさえ共闘したデリダは「理性に導かれる人間」として「共同の決定にしたがって生活する国家」(『エチカ』4:73)を統整的に求めたし、そのために戦ったことにおいてはスピノザと同じだと言えるし、その存在は異なるポジションにおいてお互いを照射し合う。

    デリダの死は、デリダをそのテクストから引きはがし、デリダを生物学的にユダヤ人としてスピノザと同じ引き出しに入れるだろうが、デリダのテクストは、スピノザのテクストの逆を表現するものとして隣同士に並べてもいいかも知れない。


    追記:
    本文と関係ありませんが、デリダの遺言の画像を紹介しす。



    http://churchandpomo.typepad.com/conversation/2006/12/derridas_last_w.html

    自動翻訳
    「ジャックは、儀式と演説を望みませんでした。彼は、経験から、この仕事を引き受ける友人にとってつらいだろうということがわかっています。彼は、私にあなたに来たことに対して礼を言って、あなたを祝福するよう頼みます。あなたが彼に彼と分担する機会を与えた多くの幸せな瞬間だけについて考えるために、彼はあなたに悲しまないように嘆願します。

    私のために微笑んでください、私が終わりまであなたのために微笑みます、と彼が言います。

    いつも生を謳歌し、絶えず生き残りを主張してください...

    私はあなたを愛しています、そして、私のいる場所から微笑みます。」
    http://pds.exblog.jp/pds/1/200910/02/41/a0024841_2121330.jpg

    http://yojiseki.exblog.jp/8762350

_______________

    forclusion とは、取っておくとか、入れないでおくという意味のフランス語の名詞で、当の取っておかれたもの自体は forclos といいます。 つまり schizophrenia の根底には forclusion という構造的な原因が潜んでいる、というのがラカンの主張です。2012/08/04
    seminaire201208 of ユーロクリニーク文化部公式サイト
    euroclinique-dc.com/seminaire201208f.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%88%B6%E3%81%AE%E5%90%8D 

父の名 - Wikipedia

父の名(ちちのな、Noms-du-Père)とは、ラカン派(仏:Lacanien)の精神分析理論で用いられる概念の一つ。フロイトの理論における超自我原父に比較されることが多いが、対応はそれほど単純なものではなく、ラカン独特の理論体系の中で他の諸概念と複雑に照応しあいながら、厳密に規定されている概念である。

概要と由来

人間が、乳児から成長して自己を持つにいたる課程において、母の乳房が詰まっている乳児の口から、やがて乳房が去り、そこに欠如が生まれる。ラカンによれば、これは想像界に安住するのを禁ずる父の命令を受け入れることであり、社会的な法の要求を受け入れること、社会という言語活動の場に引きずり出されること、自分が全能ではないという事実を受け入れることと同義である。
この父の命令にあたるものを、ラカンは、フランス語で同じ発音をもつ2つの言葉「non(否)」と「nom(名)」をひっかけて、父の名と呼んだ。

去勢と主体の確立

父の名を受け容れる過程は、幼児の全能性である「ファルス」(仏:phallus)を傷つけることという意味で、去勢(仏:forclusion)と呼ばれる。この去勢によって、人間は自らの不完全性を認め、不完全であるところの主体(仏:sujet)を逆に積極的に確立するのである。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/父の名
父の名を受け容れる過程は、幼児の全能性である「ファルス」(仏:phallus)を傷つけることという意味で、去勢(仏:forclusion)と呼ばれる。この去勢によって、人間は自らの不完全性を認め、不完全であるところの主体(仏:sujet)を逆に積極的に確立するのである。

à peine de forclusion | WordReference Forums

forum.wordreference.com/.../à-peine-de-forclusion.24...
Bonjour, Pourriez-vous m'aider à traduire cette phrase: X devra notifier ses réserves à peine de forclusion. Merci beaucoup pour votre aide.

志紀島啓 blog/ une place sur la terre:2013年02月22日 ...

blog.livedoor.jp/kay_shixima/archives/2013-02-22.html
2013/02/22 - このことを精神分析学では去勢(仏:forclusion)と呼ぶが、去勢なくして言語活動の開始はないというのがラカンの立場である。 — ジャック・ラカンさん ... 去勢はcastrationです。forclusionなら排除という意味になります。先生はフランス人(という ...
2007/06/05 - ここに引用したようなラカンの軽い流し方とは裏腹に、この『語から思考へ[Des mot a la pensee]』という著作は、実は、ラカンの理論形成にとって決定的な意味を持っている。 なぜなら、この著作こそがラカンの「排除[forclusion]」と「虚辞のne」 ...
2014/09/10 - 形式論理学は,通常の言語にともなう曖昧さを取り除くために,それ自体としては意味を持たない幾つかの記号を用い .... 家であることとキリスト者であること; 真理は虚構の構造によって己れを顕す; 欠如について; 閉出 (forclusion) について.

______________

 http://blog.livedoor.jp/yojisekimoto/archives/2010-02.html

タルコフスキーが計画していた映画のリストに『聖アントニウスの誘惑』がある。
最近ネット上でこれはフローベールの『聖アントワヌの誘惑』が原作なのではないかと言う議論があったようだ。
結論から言うとタルコフスキーはもっと古い資料(聖アタナシウスによる伝記等)から影響を受けたという説が濃厚だが、フローベールの原作について考察することがまったく無意味という訳でもないと思う。

というのはフローベールがこの作品の執筆に30年近くかかったように彼にとっての代表作のひとつであるということもあるが、デリダがこの原作をめぐって、ほとんど唯一スピノザに言及しているのだ(『Psyche』未邦訳*)。

フロベールの原作のなかの悪魔が、スピノザの汎神論らしきものを展開するのだが、これは『ソラリス』の倫理的葛藤とパラレルと考えられなくもない。

具体的に言えば、『ソラリス』のラストで主人公が汎神論につつまれるように、『サクリファイス』では主人公はマリアと一夜を共にする(多分、タルコフスキーの構想は『サクリファイス』のなかで完全に形象化されている)。

フローベールとまったく違って、タルコフスキーは(そのロシア正教的外観にも関わらず)スピノザの側に立っていたとも考えられるのだ。

注*:
『プヴァールとペキュシェ』(岩波文庫中第八章)の哲学談義でフローベールはスピノザを引用しており、デリダの論考もどちらかと言えばこちらがメインだ。

注**: 
 《スピノザの哲学は (「人間」的なものの籠絡からの)静かなデタッチメントの哲学だ。すなわち、われわれの身体が物質宇宙の一部分であるように、われわれの思考も無限な思考 宇宙 の一部分である。われわれに思考があるのにわれわれがその部分である自然に思考がないとするのは不自然である。われわれの中で事物自身が事物自身について 肯定したり否定したりするようになったとき、われわれの精神は「自動機械」となって、自分のいる場所(自然)がずっと「神」であったとわかる。カメラが引 いていくと、帰還した地球の故郷が実は惑星ソラリスの変様部分であるのが判明するあのタルコ フスキー監督の「惑星ソラリス」のラストシーンを思い出す。》
(講談社『本』2005年5月号「スピノザから見える不思議な光景」より)
http://www17.plala.or.jp/orion-n/ESSAY2/8.html


 ハイデガーの覇権はスピノザを排除することで可能になった。これはハイデガーのユダヤ蔑視というより、ヨーロッパのユダヤ排除とパラレルだ。利子に子々孫々の繁栄...時間を意識化したユダヤ思想の優位性の奪還は時間を哲学に取り戻すことで可能だった。
ただし、それをなしとげたのはスピノザであってハイデガーではない。


May the conatus be with you.

ファシズムは失業率の高さを無理やり解消することから生まれるとされる
完全雇用が政治的な反動を招くのだ
ISISも経済的な問題が根底にある
ハイデガーはハイパーインフレを背景にした思想だ
ドイツ哲学には経済的敗北がきっかけとしてある 

参考:
究極の財政再建策ハイパー・インフレーション
http://kaie14.blogspot.jp/2014/12/blog-post_11.html
まず、世界恐慌からいち早く立ち直ったのはナチスだった!~『ヒトラーの経済政策』武田 知弘著(評者:栗原 裕一郎)より
第一次大戦に敗戦したドイツはベルサイユ条約により植民地全部と領土の一部を取り上げられたうえ、1320億マルク(330億ドル)の賠償金を請求された。ドイツの当時の歳入20年分くらいの額であり、毎年の支払いは歳入の2分の1から3分の1に及んだ。

 そんなもの払えるわけがない。札をガンガン刷ったドイツは、1922年から1923年にかけてハイパーインフレーションに見舞われてしまうことになる。どのくらいハイパーだったかというと、0.2〜0.3マルクだった新聞が1923年11月には80億マルクに暴騰する勢いだったそうである(村瀬興雄『ナチズム』中公新書)。

 ハイパーインフレによってもっとも打撃を受けたのは中産階級や労働者、農民だった。一方で、外貨でドイツの資産を買ったりしてボロ儲けする者もいたのだが、そのなかにはユダヤ人実業家が少なからず含まれていた。その怨みもユダヤ人迫害の一因となる。
このドイツのハイパー・インフレーション時期に、ドイツ留学した人びと、たとえばハイデガーに師事した九鬼周造などはさぞかし裕福な生活を送ったのではないか(日本円の外貨価値の高騰のため)。そもそも当時のドイツの思想家や詩人たちの研究に、このハイパー・インフレーションの影響がほとんど言及されていないのは残念である。

資料:「財政破綻」、 「ハイパーインフレ」関連
http://yokato41.blogspot.jp/2011/01/blog-post_5463.html

【過剰な公的債務の解決策は8つしかない】
アタリ氏は「国家債務がソブリンリスク(政府債務の信認危機)になるのは物理的現象である」とし、「過剰な公的債務に対する解決策は今も昔も8つしかない」と言う。すなわち、増税、歳出削減、経済成長、低金利、インフレ、戦争、外資導入、そしてデフォルトである。そして、「これら8つの戦略は、時と場合に応じてすべて利用されてきたし、これからも利用されるだろう」とも述べている。

【現実的な選択肢は「インフレ」だけ】

……現実的な選択肢は「インフレ」だけ、ということになる。現にアタリ氏自身も「(公的債務に対して)採用される戦略は常にインフレである」と述べている。お金をたくさん刷って、あるいは日銀が吸収している資金を市場に供給して貨幣価値を下げ、借金をチャラにしてしまいしょう、というわけだ。かつて竹中平蔵氏が主張していた「インフレターゲット論」はまさにこれで、いってみれば一番簡単な方法である。
これは氏の師匠であるポール・クルーグマンの日本に対するアドバイスでも常に出てくる案である。「ターゲット(目標)」というと計画的で聞こえはいいが、デフレの長引いている日本でこれを無理に起こすと「ターゲット」で止まらない可能性が大である。止まらなければ、ハイパーインフレに一直線ということになる。
補記:
http://yojiseki.exblog.jp/6388324/
後期ハイデガー:メモ
後期ハイデガーは老子をドイツ語訳し、言葉の円環のなかに住まおうとした。
それは以下の図式を持ち、古代ギリシアを理想化するものだった。

      天

神々           人間たち
  

      大地


大地の隣にシュヴァルツヴァルト(黒い森)、トートナウベルクの位置する森が付け加えられてもよいだろう。
トートナウベルクには日本人留学生に教えた謝礼金で造った山小屋があったのだ。
そしてドイツとギリシアをつなぐ媒介に選ばれた詩人がヘルダーリンだった。

以下、年譜におけるハイデガーの葬儀(=1976年5月28日、死去は26日)の記述より。

《死の少し前、ヘリングラード編のヘルダーリンの詩句を、「私の墓へ告別の挨拶としてゆっく
りと単純に朗読する」ことを望み、ヘルダーリンの讃歌では「ドイツ人に寄す」、「宥和する者」、
「巨人たち」から、悲歌では「パンと葡萄酒」から選ぶことを望んだ。(略)ヘルマン・ハイ
デッガーは父の意志通りにヘルダーリンを朗読した。その結びは「パンと葡萄酒」第三節のもの
であった。》

(人類の知的遺産75『ハイデガー』芽野良男、講談社p313より)
上記に挙げられた詩はすべて全集第2巻に所収されている。以下、その一節を引用する。


童児を嘲ってはいけない、鞭を手に 拍車をつけて
かれが木馬にまたがり 自分を雄々しい
偉大なものと思っているときも。
なぜならドイツ人諸君よ、君たちも
思想に富んで行為に貧しい者なのだから。(以下略)

「ドイツ人に寄せる」  ヘルダーリン(手塚富雄訳)
(『ヘルダーリン全集2』河出書房p10より)

Spottet nimmer des Kinds, wenn noch das alberne
Auf dem Rosse von Holz herrlich und viel
sich dünkt,
O ihr Guten! auch wir sind
Thatenarm und gedankenvoll!

"An die Deutschen"    Hölderlin
http://www.hoelderlin-gesellschaft.de/index.php?id=137
(ドイツ、ヘルダーリン協会サイトより)


ラジオ、テレビ、映画(『羅生門』に関して日本人との会話で触れている)との関わり(*)が端的に指し示すような、その技術論とともにこうした民族主義も後期ハイデガーを読む上で重要になるだろう。

*追記:
ハイデガーがヘルダーリンの詩を朗読したCDが現在販売されている。

NAMs出版プロジェクト: ヘルダーリン(Friedrich Hölderlin):メモ
http://nam-students.blogspot.jp/2015/08/blog-post_22.html




________________
『シェリング講義』1999年 新書館より
ハイデガーはスピノザを唯物論と規定し敵対視するが、ハイデガーの存在忘却の指摘は実はスピノザの論理に近い。
例えば、p116(及びp148)に出てくるハイデガー作成の存在-神-論の図は、

(要素を抽出するなら、)

  存在者である限り
  /     \
存在者     存在者全体
  \     /
    ロゴス

というものだが(左端の「存在者」を本書では「存在者そのもの」と記しており、複数に対する単数、様態に対する実体、つまり存在者=オンではなく存在=ウーシア的なものとも理解できる)、これは山下正男がスピノザを図解した以下の図、


  全論理空間  
 /     \
実体      様態
 \     /
  空のクラス 




『論理学史』(山下正男)p208より、スピノザ哲学の論理構成。
(要素を抽出)

と、上下は逆だが相似である(ただしハイデガーはヘーゲルと同じで最終的には排中律を取らない)。
シェリングを通じたハイデガーのスピノザ解釈は自己の思考回路を露呈している。
つまり、ハイデガーはスピノザを無視する事でその地位を築いたのである(ニーチェですらスピノザを正しく読んでいたのに)。


上記の図は後期ハイデガーではこうなる。
 

      天

神々           人間たち
  

      大地
  


http://yojiseki.exblog.jp/6388324/
後期ハイデガー:メモ
後期ハイデガーは老子をドイツ語訳し、言葉の円環のなかに住まおうとした。
それは上の図式を持ち、古代ギリシアを理想化するものだった。

ハイデガーとスピノザの類似性はネグリも指摘している。

    「スピノザはハイデガーを全面的に転倒させる。」
    (「力能と存在論ーハイデッガーかスピノザか」『スピノザとわたしたち』ネグリ、
    邦訳では102頁より)

    以下、ネグリの指摘をリストにしてみる。

     A        B
    ハイデガー    スピノザ
     不安       愛
     配視       精神
     決意性      欲望
     現前       コナトゥス
     配慮       衝動
     可能性      力能


    要はハイデガーのAにスピノザはBを対置するというのである。
 
ただしスピノザには能動性が受動性と同等の契機としてあるのに対して、ハイデガーにおいては非本来性、被投企性が全体を支配している。常態的に存在者は神々に空のクラスで繋がっている...。そこに無自覚ながら言葉遊び、空談の余地がある。意識の産物である時間が主題となる。ハイデガーは存在を時間に置き換え、スピノザは時間を存在に置き換える。


   スピノザ
マルクス  ハイデガー

ちなみにカントは以下のような総合的回路をつくった。

            i
  __/   \←_
↓     \o/      I
I______I

カントは発生論と引き換えに議論の土台をつくった。


__

『シェリング講義(1999年 新書館)において、
ハイデガーはスピノザを唯物論と規定し敵対視するが、ハイデガーの存在忘却の指摘は
実はスピノザの論理に近い。
例えば、p116(及びp148)に出てくるハイデガー作成の存在-神-論の図は、

(要素を抽出するなら、)

  存在者である限り
  /     \
存在者     存在者全体
  \     /
    ロゴス

というものだが(左端の「存在者」を本書では「存在者そのもの」と記しており、
複数に対する単数、様態に対する実体、つまり存在者=オンではなく存在=
ウーシア的なものとも理解できる)、これは山下正男がスピノザを図解した以下の図、

  全論理空間  
 /     \
実体      様態
 \     /
  空のクラス 


『論理学史』(山下正男)p208より、スピノザ哲学の論理構成。
(要素を抽出)

と、上下は逆だが相似である(ただしハイデガーはヘーゲルと同じで最終的には
排中律を取らない)。
シェリングを通じたハイデガーのスピノザ解釈は自己の思考回路を露呈している。
つまり、ハイデガーはスピノザを無視する事でその地位を築いたのである(ニーチェ
ですらスピノザを正しく読んでいたのに)。

上記の図は後期ハイデガーではこうなる。
 

      天

神々           人間たち
  

      大地  

後期ハイデガーは老子をドイツ語訳し、言葉の円環のなかに住まおうとした。
それは上の図式を持ち、古代ギリシアを理想化するものだった。

ハイデガーとスピノザの類似性はネグリも指摘している。

    「スピノザはハイデガーを全面的に転倒させる。」
    (「力能と存在論ーハイデッガーかスピノザか」『スピノザとわたしたち』ネグリ、
    邦訳では102頁より)

    以下、ネグリの指摘をリストにしてみる。

     A        B
    ハイデガー    スピノザ
     不安       愛
     配視       精神
     決意性      欲望
     現前       コナトゥス
     配慮       衝動
     可能性      力能


    ネグリはハイデガーの現象学、心理学を批判しているが、要はハイデガーのAに
スピノザはBを対置出来るというのである。
 
ただしスピノザには能動性が受動性と同等の契機としてあるのに対して、ハイデガー
においては非本来性、被投企性が全体を支配している。常態的に存在者は神々に空の
クラスで繋がっている...。そこに無自覚ながら言葉遊び、空談の余地がある。意識の
産物である時間が主題となる。ハイデガーは存在を時間に置き換え、スピノザは
時間を存在に置き換える。

ちなみにカントは以下のような総合的回路をつくった。

            ....
  __/   \←_
↓     \,,,,/      I
I______I

カントは発生論と引き換えに議論の土台をつくった。
ハイデガーは基本的にはカント体系の上に現象学を載せたが、純化した部分もある。




2 Comments:

Blogger yoji said...

『シェリング講義』1999年 新書館において、
ハイデガーはスピノザを唯物論と規定し敵対視するが、ハイデガーの存在忘却の指摘は
実はスピノザの論理に近い。
例えば、p116(及びp148)に出てくるハイデガー作成の存在-神-論の図は、

(要素を抽出するなら、)

  存在者である限り
  /     \
存在者     存在者全体
  \     /
    ロゴス

というものだが(左端の「存在者」を本書では「存在者そのもの」と記しており、
複数に対する単数、様態に対する実体、つまり存在者=オンではなく存在=
ウーシア的なものとも理解できる)、これは山下正男がスピノザを図解した以下の図、

  全論理空間  
 /     \
実体      様態
 \     /
  空のクラス 



『論理学史』(山下正男)p208より、スピノザ哲学の論理構成。
(要素を抽出)

と、上下は逆だが相似である(ただしハイデガーはヘーゲルと同じで最終的には
排中律を取らない)。
シェリングを通じたハイデガーのスピノザ解釈は自己の思考回路を露呈している。
つまり、ハイデガーはスピノザを無視する事でその地位を築いたのである(ニーチェ
ですらスピノザを正しく読んでいたのに)。

上記の図は後期ハイデガーではこうなる。


      天

神々           人間たち
  

      大地

後期ハイデガーは老子をドイツ語訳し、言葉の円環のなかに住まおうとした。
それは上の図式を持ち、古代ギリシアを理想化するものだった。

ハイデガーとスピノザの類似性はネグリも指摘している。

「スピノザはハイデガーを全面的に転倒させる。」
(「力能と存在論ーハイデッガーかスピノザか」『スピノザとわたしたち』ネグリ、
邦訳では102頁より)

以下、ネグリの指摘をリストにしてみる。

 A        B
ハイデガー    スピノザ
 不安       愛
 配視       精神
 決意性      欲望
 現前       コナトゥス
 配慮       衝動
 可能性      力能


要はハイデガーのAにスピノザはBを対置するというのである。

ただしスピノザには能動性が受動性と同等の契機としてあるのに対して、ハイデガー
においては非本来性、被投企性が全体を支配している。常態的に存在者は神々に空の
クラスで繋がっている...。そこに無自覚ながら言葉遊び、空談の余地がある。意識の
産物である時間が主題となる。ハイデガーは存在を時間に置き換え、スピノザは
時間を存在に置き換える。

ちなみにカントは以下のような総合的回路をつくった。


__/ \←_
↓ \o/ I
I______I

カントは発生論と引き換えに議論の土台をつくった。

5:35 午後  
Blogger yoji said...

『シェリング講義』1999年 新書館において、
ハイデガーはスピノザを唯物論と規定し敵対視するが、ハイデガーの存在忘却の指摘は
実はスピノザの論理に近い。
例えば、p116(及びp148)に出てくるハイデガー作成の存在-神-論の図は、

(要素を抽出するなら、)

  存在者である限り
  /     \
存在者     存在者全体
  \     /
    ロゴス

というものだが(左端の「存在者」を本書では「存在者そのもの」と記しており、
複数に対する単数、様態に対する実体、つまり存在者=オンではなく存在=
ウーシア的なものとも理解できる)、これは山下正男がスピノザを図解した以下の図、

  全論理空間  
 /     \
実体      様態
 \     /
  空のクラス 


『論理学史』(山下正男)p208より、スピノザ哲学の論理構成。
(要素を抽出)

と、上下は逆だが相似である(ただしハイデガーはヘーゲルと同じで最終的には
排中律を取らない)。
シェリングを通じたハイデガーのスピノザ解釈は自己の思考回路を露呈している。
つまり、ハイデガーはスピノザを無視する事でその地位を築いたのである(ニーチェ
ですらスピノザを正しく読んでいたのに)。

上記の図は後期ハイデガーではこうなる。


      天

神々           人間たち
  

      大地

後期ハイデガーは老子をドイツ語訳し、言葉の円環のなかに住まおうとした。
それは上の図式を持ち、古代ギリシアを理想化するものだった。

ハイデガーとスピノザの類似性はネグリも指摘している。

「スピノザはハイデガーを全面的に転倒させる。」
(「力能と存在論ーハイデッガーかスピノザか」『スピノザとわたしたち』ネグリ、
邦訳では102頁より)

以下、ネグリの指摘をリストにしてみる。

 A        B
ハイデガー    スピノザ
 不安       愛
 配視       精神
 決意性      欲望
 現前       コナトゥス
 配慮       衝動
 可能性      力能


ネグリはハイデガーの現象学、心理学を批判しているが、要はハイデガーのAに
スピノザはBを対置出来るというのである。

ただしスピノザには能動性が受動性と同等の契機としてあるのに対して、ハイデガー
においては非本来性、被投企性が全体を支配している。常態的に存在者は神々に空の
クラスで繋がっている...。そこに無自覚ながら言葉遊び、空談の余地がある。意識の
産物である時間が主題となる。ハイデガーは存在を時間に置き換え、スピノザは
時間を存在に置き換える。

ちなみにカントは以下のような総合的回路をつくった。


__/ \←_
↓ \o/ I
I______I

カントは発生論と引き換えに議論の土台をつくった。

5:39 午後  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home